【過去実績から考察】19年~20年 年末年始の渋滞個所とピーク予想!【工事の影響はある?】

2018_2019_traffic_jam
スポンサーリンク

2019年から2020年にかけてのお正月は世間的には9連休の年末年始となります。

それだけに、帰省等で車を利用される方もおおいのではないでしょうか。

そんな方々が懸念されるのが、高速道路の交通渋滞です。

せっかくの長期連休も、渋滞で1日が終わってしまっては、逆に疲労がたまってしまいます。

2019年は高速道路リニューアルプロジェクトと題し、多くの高速道路で工事が行われてたこともあり、渋滞の心配をされている方々は例年以上に多いのではないでしょうか。

ここでは、過去の実績や高速道路リニューアルプロジェクトの進捗を踏まえ、年末年始の渋滞予想をいたします。

有意義な長期休暇のご参考になさってください。

スポンサーリンク

2019-2020年末年始渋滞予想!

上り・下りの予想渋滞期間

今年の年末年始は12月28日(土)から1月5日(日)までです。この期間の渋滞のピークは下記の期日が予想されています。

下り12月29日(日)~30日(月)
1月2日(木)~4日(土)
上り1月2日(木)~4日(土)

上記期間は、10㎞以上の渋滞が数多く予想されています。

渋滞のピーク予想

その中でも、最も混雑すると予想されているのが、下記日程の箇所です。

下りのピーク12月28日(土)午前8時ごろ東名高速 秦野中井IC 35㎞
上りのピーク1月3日(金)午後6時ごろ東北道 加須IC 35km

上記渋滞の予想は、事故や天候による渋滞を加味していない数値です。

例年、年末年始には交通事故が発生し、より交通渋滞を助長させています。

リアルタイムに更新される渋滞情報を必ずチェックしましょう。

高速道路の工事による渋滞への影響

多くの高速道路で工事が行われていた2019年ですが、年末年始に大きな工事を行う区間はないようです。

  • NEXCO東日本
高速道路リニューアルプロジェクト | NEXCO東日本
NEXCOグループでは、老朽化が進む高速道路に最先端の技術を駆使し、機能の向上と長寿命化を図る「高速道路リニューアルプロジェクト」を実施しています。
  • NEXCO中日本
集中工事など影響の大きい工事規制のお知らせ | 工事規制情報 | ドライバーズサイト | 高速道路・高速情報はNEXCO 中日本
NEXCO 中日本(中日本高速道路株式会社)公式サイト【集中工事など影響の大きい工事規制のお知らせ】ページ。車線規制・通行止め・交通規制などの道路交通情報、渋滞予測や現在の渋滞情報、セーフティドライブ、高速道路まめ辞典、お盆・正月の帰省時に役立つ高速道路情報はこちらになります
  • NEXCO西日本
各工事のご案内|NEXCO西日本

新東名 全線開通の先送り

2019年に全線開通が計画されていた新東名高速道路は、残念ながら全線開通が2023延期となりました。

新東名の全線開通が、日本有数の渋滞の名所である東名高速の渋滞緩和が期待されておりましたが、

今年の年末年始に高速道路リニューアルプロジェクトの恩恵を受ける区間はないと予想されます。

新東名、全線開通が2020年度から2023年度に延期
 NEXCO中日本(中日本高速道路)は、新東名高速道路(E1A)の全線開通時期が当初予定していた2020年度から2023年度に延期となる見通しであることを明らかにした。
スポンサーリンク

2018年渋滞実績をもとに、各方面の渋滞を予想!

2018-2019 年末年始期間中の交通量

平均35,800台/日前年比99%
最大43,000台/日前年比98%
10㎞以上の渋滞197回前年比+25回
30㎞以上の渋滞6回前年比+6回

上記から分かる通り、年末年始の交通量は毎年大きな差はありません。

このことから、今回の年末年始も、昨年と同様の箇所で、同規模の渋滞が予想されます。

そこで、2018年から2019年の年末年始期間における、渋滞の詳細結果を取りまとめました。

2019年末から2020年始の渋滞予想にご活用下さい。

NEXCO東日本 下り方面の最長渋滞

最長渋滞箇所東北自動車道 羽生PA付近
発生日時1月2日(水)11時45分ごろ
距離25.9㎞
原因交通量集中・事故

NEXCO東日本 上り方面の最長渋滞

最長渋滞箇所東北自動車道 久喜IC付近
発生日時1月3日(木)17時40分ごろ
距離33.5㎞
原因交通量集中・事故

NEXCO中日本 下り方面の最長渋滞

最長渋滞箇所関ヶ原IC付近
発生日時12月29日(土)17時40分ごろ
距離34.5㎞
原因交通量集中・雪

NEXCO中日本 上り方面の最長渋滞

最長渋滞箇所東名高速道路 大和トンネル付近
発生日時1月5日(土)9時55分ごろ
距離40.3㎞
原因交通量集中・事故

NEXCO西日本 下り方面の最長渋滞

最長渋滞箇所山陽自動車道 笠井トンネル付近
発生日時12月29日(土)13時20分ごろ
距離21.3㎞
原因交通量集中・事故

NEXCO西日本 上り方面の最長渋滞

最長渋滞箇所湯浅御坊道路 有田南IC付近
発生日時1月3日(木)18時05分ごろ
距離25.9㎞
原因交通量集中
スポンサーリンク

まとめ:必ずしも年末に下り、年始に上りが混むわけではない!

いかがでしたでしょうか。

年末は下り、年始は上りが渋滞するという傾向に間違いはありませんが、地域によっては必ずしも渋滞のピークがその通りになるとは限りませんので、事前にしっかりと計画を練りたいところです。

加えて、昨年度の実績からも分かる通り、多くの渋滞は交通集中だけでなく、事故も併発したことによる渋滞となっています。

この記事をご覧になられた方が、渋滞を回避し、安全運転で、良い年末年始を過ごされることをお祈りしております。

スポンサーリンク
たくろうをフォローする
T A C L O G

コメント

タイトルとURLをコピーしました