【全選手動画有】2020年DeNAベイスターズドラフト会議指名選手一覧【総評・身長・出身校】

【全選手動画あり】2020年横浜DeNAベイスターズドラフト会議指名選手一覧・動画【総評・身長・出身校】プロ野球
スポンサーリンク

2021年の横浜DeNAベイスターズは、ラミレス監督が退任し、石川雄洋が退団。

上位進出を逃した2020年の雪辱を果たすとともに、世代交代が問われる歳となります。

しかし、今永と東の手術、梶谷のFA、二遊間の高齢化や怪我を抱える外国人選手など、補強ポイントはたくさん。

ここでは、来期や未来のベイスターズの将来を担う、横浜DeNAベイスターズのドラフト指名選手のプロフィールと動画、個人的な選手短評をまとめました。

各選手の情報をもとに、2021年シーズンの活躍を想像してみましょう!

※個人成績は2020年10月26日現在のものです

スポンサーリンク
  1. 【短評・身長・体重・出身校】2020横浜DeNAベイスターズ指名選手一覧
  2. 1位:入江大生(いりえたいせい)長身から投げ下ろす最速153キロ右腕!甲子園通算4HRで二刀流に期待(?)
    1. 入江大生 プロフィール(出身・経歴・投打・身長体重)
    2. 入江大生 選手評価(アマチュア時代の成績とプレースタイル)
    3. 入江大生 プレー動画(投球・打撃動画)
    4. 【将来像は明治大学の先輩!川上憲伸】入江大生 将来の選手像と育成方針
  3. 2位:牧秀悟(まきしゅうご)大学日本代表の4番!低い三振率に高いミート力を誇る好打者!
    1. 牧秀悟 プロフィール(出身・経歴・投打・身長体重)
    2. 牧秀悟 選手評価(アマチュア時代の成績とプレースタイル)
    3. 牧秀悟 プレー動画(打撃・守備動画)
    4. 【打てる二塁手浅村栄斗!】牧秀悟 将来の選手像と育成方針
  4. 3位:松本隆之介(まつもとりゅうのすけ)長身かつ長いリーチが特徴の最速152キロ左腕!
    1. 松本隆之介 プロフィール(出身・経歴・投打・身長体重)
    2. 松本隆之介 選手評価(アマチュア時代の成績とプレースタイル)
    3. 通算成績(20年夏)
    4. 松本隆之介 プレー動画(投球動画)
    5. 【内海哲也のように緩急を活かした左腕に!】松本隆之介 将来の選手像と育成方針
  5. 4位:小深田大地(こぶかただいち)高校通算34HR!強肩強打のスラッガー!
    1. 小深田大地 プロフィール(出身・経歴・投打・身長体重)
    2. 小深田大地 選手評価(アマチュア時代の成績とプレースタイル)
    3. 小深田大地 プレー動画(打撃・守備動画)
    4. 【追い付き追い越せ安田尚憲!】小深田大地 将来の選手像と育成方針
  6. 5位:池谷蒼大(いけやそうた)テンポの速い投球で右打者へクロスファイアを投げ込む左腕!
    1. 池谷蒼大 プロフィール(出身・経歴・投打・身長体重)
    2. 池谷蒼大 選手評価(アマチュア時代の成績とプレースタイル)
    3. 池谷蒼大 プレー動画(投球動画)
    4. 【先発も中継ぎもこなせる存在!田口麗斗】池谷蒼大 将来の選手像と育成方針
  7. 6位:高田琢登(たかだたくと)直球とスライダーで高い奪三振率を誇るドクターK!
    1. 高田琢登 プロフィール(出身・経歴・投打・身長体重)
    2. 高田琢登 選手評価(アマチュア時代の成績とプレースタイル)
    3. 高田琢登 プレー動画(投球動画)
    4. 【将来像は静岡の先輩!田中健二朗】高田琢登 将来の選手像と育成方針
  8. 育成1位:石川達也(いしかわたつや)横浜高校の悲運のエースが念願のプロ入り!
    1. 石川達也 プロフィール(出身・経歴・投打・身長体重)
    2. 石川達也 選手評価(アマチュア時代の成績とプレースタイル)
    3. 石川達也 プレー動画(投球動画)
    4. 【将来像は中継ぎ左腕!砂田毅樹】石川達也 将来の選手像と育成方針
  9. 育成2位:加藤大(かとうだい)投球のほとんどがストレート!地元出身の荒削りの151キロ右腕!
    1. 加藤大 プロフィール(出身・経歴・投打・身長体重)
    2. 加藤大 選手評価(アマチュア時代の成績とプレースタイル)
    3. 加藤大 プレー動画(投球動画)
    4. 【直球だけで飯が食える投手に!藤川球児】加藤大 将来の選手像と育成方針

【短評・身長・体重・出身校】2020横浜DeNAベイスターズ指名選手一覧

・1位 入江大生(いりえたいせい) 明治大学 投手 (右投/右打)

・2位 牧秀悟(まきしゅうご) 中央大学 二塁手 (右投/右打)

・3位 松本隆之介(まつもとりゅうのすけ) 横浜高校 投手(左投/左打)

・4位 小深田大地(こぶかただいち) 履正社高校 三塁手(右投/左打)

・5位 池谷蒼大(いけやそうた) ヤマハ 投手(左投/左打)

・6位:高田琢登(たかだたくと) 静岡商業高校 投手 (左投/左打)

・育成1位:石川達也(いしかわたつや) 法政大学 投手 (左投/右打)

・育成2位:加藤大(かとうだい) 横浜隼人高校 (右投/右打)

スポンサーリンク

1位:入江大生(いりえたいせい)長身から投げ下ろす最速153キロ右腕!甲子園通算4HRで二刀流に期待(?)

入江大生 プロフィール(出身・経歴・投打・身長体重)

  • ・出身:栃木県日光市
  • ・経歴:作新学院高校 – 明治大学
  • ・投打:右投右打
  • ・身長:187cm
  • ・体重:84kg
  • ・最速:153キロ
  • ・球種:スライダー、カットボール、フォーク、カーブ
  • ・担当スカウト:八馬幹典

入江大生 選手評価(アマチュア時代の成績とプレースタイル)

長身から投げ下ろす、最速153キロのストレートに、緩急を使える投球で三振を奪う右腕。

大学リーグ戦ではわずか2勝止まりながら、ドラフト直前の法政大学戦で13奪三振初完封。

ストレートの球威もさながら、左打者インコースへのカットボール、右打者へのフォークで打者を圧倒した。

作新学院時代は、西武ライオンズの今井と同期。

3年春は背番号1を背負っていたものの、夏は今井にエースの座を譲り、打撃に専念。

甲子園では通算4HRを放った。

入江大生の大学通算成績

  • 防御率 2.72
  • 投球回 72 2/3
  • 奪三振 79
  • 被安打 52
  • 四死球 25

入江大生 プレー動画(投球・打撃動画)

・2020年10月11日 東京六大学秋季リーグ 法政大学戦 13奪三振完封

・高校時代 打撃映像まとめ

【将来像は明治大学の先輩!川上憲伸】入江大生 将来の選手像と育成方針

ドラフト1位の投手として、1年目から先発ローテーションとして期待したい。

調子が悪いときには、体重が軸足に乗らず、球が上ずる傾向がある。

しっかり下半身を鍛え、明治大学の先輩、川上憲伸のように、ストレートとカットボール、フォークで打者を圧倒し、打撃でも魅せる選手となってほしい。

スポンサーリンク

2位:牧秀悟(まきしゅうご)大学日本代表の4番!低い三振率に高いミート力を誇る好打者!

牧秀悟 プロフィール(出身・経歴・投打・身長体重)

  • ・出身:長野県中野市
  • ・経歴:松本第一高校 – 中央大学
  • ・投打:右投右打
  • ・身長:178cm
  • ・体重:93kg
  • ・遠投:103メートル
  • ・50メートル走:6.4秒
  • ・守備位置(ポジション):セカンド、ショート

牧秀悟 選手評価(アマチュア時代の成績とプレースタイル)

大学日本代表で4番を担う好打者。

最大の魅力はシュアな打撃で、19年春・秋の長打率はそれぞれリーグ戦1位・3位と活躍を見せた。

三振率も低く、わずか.133。直近2年の三振率は1割を切る。

長打力もあり、リーグ戦通算3本塁打ながら、日米野球ではバックスクリーンに放り込むなどパワーも秘める。

守備面は武器になることはないが、プロでも十分通用するレベル。

大学時代はセカンドだか、高校時代はショートを守った。

牧秀悟の大学通算成績

  • 打率 .278
  • 安打 71
  • 二塁打 23
  • 三塁打 2
  • 本塁打 3
  • 三振 34
  • 四球 38
  • 出塁率 .372

牧秀悟 プレー動画(打撃・守備動画)

【打てる二塁手浅村栄斗!】牧秀悟 将来の選手像と育成方針

ドラフト1位は確実、競合すらあると言われていた逸材の牧。

ベイスターズの二遊間は、大和が34歳、倉本が30歳と高齢化。特に20年シーズンの大和は1200イニング換算で-24.3(※10月21日時点)と苦戦を強いられている。

1年目からレギュラー争いに参戦し、二遊間争いを激しくさせたい。

スポンサーリンク

3位:松本隆之介(まつもとりゅうのすけ)長身かつ長いリーチが特徴の最速152キロ左腕!

松本隆之介 プロフィール(出身・経歴・投打・身長体重)

  • ・出身:神奈川県横浜市
  • ・経歴:横浜高校
  • ・投打:左投左打
  • ・身長:188cm
  • ・体重:85kg
  • ・最速:152キロ
  • ・球種:スライダー、カーブ、チェンジアップ

松本隆之介 選手評価(アマチュア時代の成績とプレースタイル)

長身かつ長い腕を活かし、クロスステップから打者の懐に投げ込むストレートが持ち味。

1年春から名門横浜高校のマウンドに立ち、昨年は2年生ながら高校日本代表合宿にも召集された。

間接の柔らかい腕の振りから、ストレートと変化の大きいスライダー、右打者にはチェンジアップを多投。

2年春の選抜のマウンドでは、高めの直球と低めのチェンジアップのコンビネーションで空振りを奪った。

身体ができれば、球速はまだまだ伸びそうな気配。

通算成績(20年夏)

  • 防御率 1.00
  • 投球回 9
  • 奪三振 15
  • 被安打 4
  • 四死球 3

松本隆之介 プレー動画(投球動画)

・高校2年春 明豊高校戦(2 1/3回 1失点)

【内海哲也のように緩急を活かした左腕に!】松本隆之介 将来の選手像と育成方針

ベイスターズの二軍には、阪口、中川、宮城など期待の若手右腕がしのぎを削っている。

しかし、左腕は櫻井な伸び悩み、他には中堅どころの濱矢くらい。

まずは同期の高田と競い合って、二軍で鍛え上げたい。

スポンサーリンク

4位:小深田大地(こぶかただいち)高校通算34HR!強肩強打のスラッガー!

小深田大地 プロフィール(出身・経歴・投打・身長体重)

  • ・出身:兵庫県姫路市
  • ・経歴:履正社高校
  • ・投打:右投左打
  • ・身長:178cm
  • ・体重:90kg
  • ・遠投:110メートル
  • ・50メートル走:6.8秒
  • ・守備位置(ポジション):サード
  • ・担当スカウト:安部建輝

小深田大地 選手評価(アマチュア時代の成績とプレースタイル)

高校通算34HRで、1年夏から名門履正社の5番を背負うハードパンチャー。

低学年時から、超高校級の打球測度と飛距離を誇っていたが、3年になるとしぶとさが加わる。

3年夏の実質決勝ともいえる、大阪桐蔭戦では6打数4安打でチームを21年ぶりの宿敵からの勝利に導いた。

守備も安定しており、サード守備では強肩が光る。

小深田大地 プレー動画(打撃・守備動画)

【追い付き追い越せ安田尚憲!】小深田大地 将来の選手像と育成方針

ベイスターズの二軍には、細川や伊藤といった大砲候補がいるが、左の強打者はいない。

履正社の先輩、ロッテ安田のように二軍でしっかり力をつけ、3年目に1軍に登場できるような成長過程を描きたい。

しかし、安田の場合は1年目から二軍で432打席を与えられ、英才教育を受けた。

ベイスターズの二軍には、知野、田部と、成長著しい年の近い内野手がいる。

身体を作りつつ、二軍での打席数を確保すべく、ファーストなどの複数ポジションを守りつつ、競争に勝っていきたい。

スポンサーリンク

5位:池谷蒼大(いけやそうた)テンポの速い投球で右打者へクロスファイアを投げ込む左腕!

池谷蒼大 プロフィール(出身・経歴・投打・身長体重)

  • ・出身:静岡県浜松市
  • ・経歴:静岡高校 – ヤマハ
  • ・投打:左投左打
  • ・身長:174cm
  • ・体重:77kg
  • ・最速:147キロ
  • ・球種:スライダー、カーブ、チェンジアップ

池谷蒼大 選手評価(アマチュア時代の成績とプレースタイル)

静岡高校時代は、疲労性の腰痛を抱えながらも、エースとして活躍。

甲子園出場はならなかったが、神宮大会へ出場。一学年上には、西武ライオンズで活躍する、鈴木将平がいる。

ヤマハでは、リリーフを中心に登板。

投球の中心はストレート。

回転軸が非常にきれいで、平均球速は140キロ程度ながら、空振りを奪う場面が目立つ。

社会人通算12試合17回で18奪三振。

池谷蒼大 プレー動画(投球動画)

【先発も中継ぎもこなせる存在!田口麗斗】池谷蒼大 将来の選手像と育成方針

社会人卒とは言え、まだ21歳。

即戦力で期待したいとこだが、まずはプロで投球術を磨きたい。

投球の大半を占めるストレートだが、プロでは球威不足。

カーブは回転数が多く、チェンジアップの抜けも悪くないので、変化球を磨いていきたい。

巨人の田口のように、ストレートでも変化球でも勝負でき、先発も中継ぎもこなせる投手になってほしい。

スポンサーリンク

6位:高田琢登(たかだたくと)直球とスライダーで高い奪三振率を誇るドクターK!

高田琢登 プロフィール(出身・経歴・投打・身長体重)

  • ・出身:静岡県富士宮市
  • ・経歴:静岡商業高校
  • ・投打:左投左打
  • ・身長:177cm
  • ・体重:77kg
  • ・最速:148キロ
  • ・球種:スライダー、カーブ、チェンジアップ、カットボール、チェンジアップ

高田琢登 選手評価(アマチュア時代の成績とプレースタイル)

右腕で壁を作って、コントロール良く直球とスライダーを投げ込む。

甲子園出場経験はないものの、高校1年夏から登板。

スライダー、スローカーブ、チェンジアップで高い奪三振率を誇る。

静岡商業は父が監督を務めており、指名会見では父が涙する場面もあった。

高田琢登の通算成績(20年夏)

  • 防御率 3.63
  • 投球回 22 1/3
  • 奪三振 32
  • 被安打 19
  • 四死球 5

高田琢登 プレー動画(投球動画)

【将来像は静岡の先輩!田中健二朗】高田琢登 将来の選手像と育成方針

高い奪三振率を誇る左腕だが、課題は山積み。

トップの作り方が甘く、直球、変化球ともに回転数が少ないため、プロで武器とするには未完成。

ただし、持っているものは素晴らしいため、あこがれの今永に教えを請いつつ、松本と共に成長していきたい。

スポンサーリンク

育成1位:石川達也(いしかわたつや)横浜高校の悲運のエースが念願のプロ入り!

石川達也 プロフィール(出身・経歴・投打・身長体重)

  • ・出身:神奈川県横浜市
  • ・経歴:横浜高校 – 法政大学
  • ・投打:左投右打
  • ・身長:178cm
  • ・体重:72kg
  • ・最速:146キロ
  • ・球種:スライダー、スプリット、チェンジアップ、カーブ、ツーシーム

石川達也 選手評価(アマチュア時代の成績とプレースタイル)

横浜高校時代は、現楽天の藤平を差し置いてエースを担う。

脇腹や肩の痛みを抱えながらも、高校2年から主戦を担った。

甲子園では、雷雨による2回の中断中に肩痛が再発。無念の1回降板となった。

大学時代は2年春からリリーフとして登板。

高い制球力とスライダー、スプリット、チェンジアップを武器に好投した。

20年春は手首を痛めて登板が無かったが、秋には復活。

明治大学戦で、3回無失点と好投した。

石川達也の大学通算成績

  • 防御率 1.42
  • 投球回 25 1/3
  • 奪三振 22
  • 被安打 16
  • 四死球 8

石川達也 プレー動画(投球動画)

【将来像は中継ぎ左腕!砂田毅樹】石川達也 将来の選手像と育成方針

長年アマの第一戦で活躍しただけあり、投球術やフィールディング、牽制に優れる。

さらにこまかいコントロールや、プロで食っていく術を見つけ、早い段階から中継ぎ左腕として期待したい。

スポンサーリンク

育成2位:加藤大(かとうだい)投球のほとんどがストレート!地元出身の荒削りの151キロ右腕!

加藤大 プロフィール(出身・経歴・投打・身長体重)

  • ・出身:神奈川県川崎市
  • ・経歴:横浜隼人高校
  • ・投打:右投右打
  • ・身長:177cm
  • ・体重:81kg
  • ・最速:151キロ
  • ・球種:スライダー、カーブ

加藤大 選手評価(アマチュア時代の成績とプレースタイル)

直球の球威がウリの右腕。

3年夏の大会では背番号11を背負い、登板は4 1/3回だけであった。

しかし、最速は151キロを誇り、2年の夏地方大会では143球すべてストレートで15奪三振という力投も見せた。

加藤大 プレー動画(投球動画)

【直球だけで飯が食える投手に!藤川球児】加藤大 将来の選手像と育成方針

超荒削りなだけに、直近の戦力としては見込めないが、将来性は抜群。

高校の監督も、下半身を鍛えればさらに球速が伸びると言っており、じっくりと育てていきたい。

あなたへのおすすめ!
プロ野球
たくろうをフォローする
T A C L O G
タイトルとURLをコピーしました