【動画あり】ヤクルトスワローズ新外国人 アルシデス・エスコバーの経歴や成績、プレースタイルまとめ!

プロ野球
スポンサーリンク

2019年10月30日。

日本国内ではドラフト指名選手の指名挨拶が行われている最中に、早くも日本行きを決断した外国人選手がいる。

その男の名は、アルシデス・エスコバーという。

何を隠そう、エスコバーは、2010年から2018年まで毎年140試合以上メジャーリーグの試合に出場しつづけた、バリバリのメジャーリーガーなのです。

そんなエスコバーの経歴や成績を動画を交えて紹介いたします。

スポンサーリンク

アルシデス・エスコバーのプロフィール

2015年GG賞、リーグ優勝決定シリーズMVP男!

  • 本 名 :アルシデス・エスコバー
  • 出身地 :ベネズエラ バルガス州
  • 生年月日:1986年12月16日(満32歳)
  • 身 長 :185cm
  • 体 重 :83kg
  • 投 打 :右投/右打
  • 守備位置:ショート/サード

ベネズエラのバルガス州ラ・サバナ出身の32歳。相性はエスキーと呼ばれる。

2019年はホワイトソックス配下3Aに所属し、メジャーリーグでの出場はなかった。

プロ入りは2003年、16歳の時にドラフト外でミルウォーキー・ブルワーズと契約。2010年シーズンまでマイナーリーグでプレーしたのちに、2010年オフにトレードでカンザスシティ・ロイヤルズに移籍。

移籍初年度の2011年からショートのレギュラーを掴み、158試合に出場。リーグ1位の補殺数を記録した。

2014年シーズンは現東京ヤクルトスワローズの青木宣親とチームメイトとなった。

2015年にはリーグ優勝決定シリーズで打率.478 打点5を記録。見事MVPに輝き、チームをリーグ優勝へ導いた。加えて、シーズンではゴールドグラブ賞を獲得し、華々しいシーズンとなった。

以後、2018年までカンザスシティ・ロイヤルズのショートストップを守り続けた。

Alcides Escobar Stats | Baseball-Reference.com
Career: 41 HR, .258 BA, 442 RBI, SS, AllStar, GG, Royals/Brewers 2008-2018, b:R/t:R, born in Venezuela. 1986, Esky

尚、横浜DeNAベイスターズに所属するエドゥイン・エスコバーは従兄弟にあたる。

剛腕サウスポー エドウィン・エスコバー
スポンサーリンク

アルシデス・エスコバーのプレースタイル

俊足強肩を活かしたMLBが誇る守備の名手!

Alcides Escobar | Gold Glove | 2015 Highlights ᴴᴰ

メジャーリーグでのメインポジションはショートで、強肩を活かした正確なスローイングが武器。

2015年にはゴールドグラブ賞にも輝き、UZRも7.0を記録した。

しかし、年々UZRは下降傾向にあり、16年は1.0、17年は0.8、18年は-1.6となっている。

尚、2019年に所属したホワイトソックス配下3Aでは、ショートとサードをほぼ同じ割合で守っている。

スポンサーリンク

アルシデス・エスコバーの走塁の評価

リーグ優勝チームで1番打者を務めた快足の持ち主!

Escobar leads off with inside-the-parker
2015年ワールドシリーズ第一戦での初球ランニングホームラン

メジャーリーグでも俊足の部類で、MLB通算174盗塁を記録している。

とりわけ2013年シーズンは打撃不振であったが、22盗塁で失敗0と足でアピールした。

しかし、最大で年間35盗塁を決めた自慢の俊足も近年は陰りが見えている。

近年の成績は、2017年に4盗塁7盗塁死、2018年に8盗塁2盗塁死となっている。

スポンサーリンク

アルシデス・エスコバーの打撃の評価

リーグ優勝決定シリーズにてMVPを獲得!勝負強くコンタクト能力に長ける!

ALCIDES ESCOBAR: AKA "El Mago"

基本的にはスプレーヒッターで、通算三振率13.6%とコンタクト能力に長ける。

メジャーリーグでは2桁本塁打を記録したシーズンはないが、キャリアハイは2012年シーズン。打率.293 5HRに加え、20二塁打7三塁打を記録し、OPS .721を記録した。

2019年シーズンは3Aで96試合 打率.286 HR10 打点 OPS.787を記録。未だ衰えは見えていない。

スポンサーリンク

アルシデス・エスコバー選手の総合評価

走攻守 すべてのレベルにおいてメジャー級の活躍を!

このレベルの選手がわずかわずか80万ドル(約8720万円)で来日してくれるなんて、とってもお買い得だと思います。

近年、メジャーリーグではアヘ単系の選手が続々と居場所を失っています。

エスコバーもその一人です。

年齢からくる走力の低下は見られますが、打撃、守備共にまだまだ活躍してくれるはずです。

強肩を活かした守備と高いコンタクト能力で、元カープでショートを守った、アンディ・シーツのような活躍を期待しましょう。

プロ野球
スポンサーリンク
たくろうをフォローする
T A C L O G

コメント

タイトルとURLをコピーしました