【塗装コツ・注意点は?】プラサフとは?研磨は必須!番手は?【乾燥時間・プライマーとの違い】

【研磨は必須!番手は?】プラサフとは?塗装コツ・注意点は?【乾燥時間・プライマーとの違い】車関連
スポンサーリンク

車やバイクの塗装をDIYでやるとき、きれいに仕上げるキーマンがいます。

それが、プラサフです。

ここでは、プラサフの特徴と注意点、おすすめの商品をご紹介いたします。

プラサフは、プライマーとサーフェイサーの機能を兼ね備えた、良いとこどりの塗料です。

1000円ほどで購入できますので、塗装時には必ず準備しましょう。

スポンサーリンク

プラサフとは?プライマーやサーフェイサー違いは?

プラサフとは?プライマーやサーフェイサー違いは?

錆止めや塗装の色ムラを無くすもの!塗装の下地作りの必須アイテム

プラサフとは、塗装前に下地として塗ることで、車の塗装を際立たせたり長持ちさせたりするものです。

人でいうところの、化粧下地と同様です。

以前はプライマーとサーフェイサーという、別の塗料でした。

しかし、どちらも塗装前の下地処理として使われていることから、両方の効果を兼ね備えたプラサフが誕生しました。

プラサフは主に金属や合成樹脂の塗装下地として使われますが、建築ではプライマーを使ったり、プラモデルではサーフェイサーを使ったりします。

スポンサーリンク

【代表例】プラサフの使い方は?乾燥時間はどのくらい?塗装のタイミングは?

プラサフの使い方は?乾燥時間はどのくらい?塗装のタイミングは?

プラサフの使用方法は、使用する下地の性質によって変わります。

ここでは基本的な使用方法をご紹介します。

基本的には、プラサフ塗装の後に、カーペイントを塗装します。

【下準備】まずはマスキング。下地(パテ)が固まったらシリコンリムーバーで脱脂

まずは塗装したい部分以外のところに、ビニールや新聞紙をマスキングテープで張り付けましょう。

塗装箇所は必要に応じてパテ埋めや研磨をしたのちに、シリコンリムーバーで脱脂。

油分や油汚れを取り除きましょう。

【塗装】プラサフを薄く複数回に分けて15分ほど間隔を空けて塗装

プラサフは、複数回に分けて、下地の色が見えなくなるまで塗りましょう。

塗装の間には、15分ほど乾燥も忘れずに。

尚、乾燥の時間は商品によってことなります。

【研磨】サンドペーパー400番手で空研ぎの後に、1000番手耐水ペーパーで水研ぎ

塗装したプラサフスプレーが乾いたら、サンドペーパーで研磨。

まずは400番で表面の凹凸をとったあとに、1000番の耐水ペーパーで水研ぎをしましょう。

表面のでこぼこやざらざらがなくなり、ツルツルした肌触りになれば、カーペイントの準備は完了です。

スポンサーリンク

【脂分は大敵】プラサフスプレー使用時の注意点・コツ

プラサフスプレー使用時の注意点・コツ 研磨 水研ぎ研磨 色 選び方

でこぼこ・ざらざらが無くても必ず水研ぎ研磨をする

手ではわからない段差があることもあるので、必ず水研ぎ研磨はしましょう。

色を付けたとき、色むらや塗装のはがれが出てしまうことがあります。

プラサフスプレーの色は主に白・黒・グレーの3種類。塗装したい色の濃さで選ぶ

プラサフスプレーには色がついています。

最終的につける色の濃さによって、下地となるプラサフスプレーの色を決めましょう。

プラサフスプレーも最終色の濃さとあわせることで、理想に近い色が出やすくなります。

万が一理想に近い色が出なかったとしても、複数回色をつけていくことで、プラサフスプレーの色の影響は薄れてきます。

スポンサーリンク

【初心者でも使いやすい】おすすめのプラサフスプレー ランキング

1位:ソフト99 ボデーペン プラサフ

本格塗装に迫る性能を持ちながら、非常に安価なアクリル樹脂塗料。

4種のスプレー機能を持ち、塗装も楽々。

上塗りする最終色ごとに種類が分けられている点も、とても便利。

2位:武蔵ホルト(ホルツ) プラサフスプレー

自動車用品を広く展開しているホルツ。

補修から再塗装の下地まで、幅広く対応可能。

乾燥も早く、およそ20分ほどで上塗り可能。

3位:ロックペイント プラサフスプレー

研磨性、付着性、錆防止に効果あり。

特に研磨性に優れ、塗装後に垂れにくく、爽快な研ぎ心地が特徴。

あなたへのおすすめ!
車関連
たくろうをフォローする
T A C L O G
タイトルとURLをコピーしました