スポーツカー

スポンサーリンク
スポーツカー

【走行距離に限界は?】ランエボの中古車購入の注意点【AYCやエンジンのオイル交換がポイント】

1992年から2016年まで販売された、三菱自動車の名車、ランサーエボリューション。 生産終了となった今でも、ⅠからⅩまですべてのモデルにおいて、高い人気を誇っています。 ここでは、ランエボを購入時の注意点と安く購入する方法をご紹介いたします。 ランエボのエンジンは頑丈にできているので、30万キロも夢ではありません!
スポーツカー

【国産から人気の外車】おすすめのスポーティーカーランキング【意味・コスパ・燃費がいい・安い】

スポーツカーの一つのカテゴリとして称される、スポーティーカー。 しかし、その定義はあいまいで、明確な区分はありません。 ここでは、スポーティーカーの定義について解説すると同時に、おすすめのスポーティーカーをランキング形式でご紹介いたします。 コスパの良いスポーティーカーで、走る楽しさを味わってみませんか?
スポーツカー

【安い国産・外車・軽】新社会人におすすめのスポーツカーランキング【通勤・ローン・購入時期】

新入社員として、数多くの人が必要になるものが、車。 どうせ車を買うなら、自分の好みの一台を購入したいと思うことは当然のこと。 ここでは、新入社員がスポーツカーを買う際の懸念点と、おすすめのスポーツカーをご紹介いたします。 乗りたい車は、往々にして家庭を持つと乗れないものです。 今のうちに、憧れの車に乗ってみませんか?
スポンサーリンク
スポーツカー

【安く車両製作】ダートラのベース車に最適な中古車両【ラリーとの違い・車両規定、クラスごと】

未舗装路でスピードを競う、ダートトライアルこと、ダートラ。 日本で発祥したこの競技は、危険が伴うものの、砂埃を立てながらドリフトしていく様は、やる側も見る側もエキサイトできるモータースポーツです。 ここでは、ダートラのベース車両としておすすめの車をご紹介するとともに、車選びの注意点、ラリーの違いについてご紹介します。
頭文字D/MFG

【語呂や意味】頭文字Dに登場する車のナンバーまとめ【なぜアニメは5桁で新劇場版は4桁?】

峠の走り屋が舞台のマンガ、頭文字D。 完結してから長い時間が経過するが、今でも根強い人気を誇っています。 そんな頭文字Dに登場する車のナンバープレート番号をとりまとめました。 語呂で覚えられるナンバーや、アニメと新劇場版ではナンバープレートが異なるなど、頭文字Dに登場する車のナンバーには特徴にあふれています。
頭文字D/MFG

【AE86といえば!】頭文字Dと土屋圭市のつながり【ドリキンの由来・峠上がりの元走り屋】

「ドリキン」の愛称で親しまれている、元プロレーサーの土屋圭市。 ドリフトを多用する走行スタイルに、神がかりな走行テクニック、そして歯に衣着せぬ物言いで、人気を集めています。 そんな土屋圭市は、頭文字Dと深い関わりがあります。 ここでは、土屋圭市の紹介と頭文字Dとのつながりをまとめました。 やっぱりドリキンはかっこいい!
スポーツカー

【お金がなくても】30万円で買える安いスポーツカーまとめ【FF・FR・4WDなど駆動方式別】

憧れでありながら、手の届かない印象が強い、スポーツカー。 しかし、車によっては30万もあれば購入できる車もあります。 ここでは、そんな格安スポーツカーの選び方と特徴、おすすめの車もご紹介します。 格安スポーツカーだからといって、遅いわけではありません。 お金がないからとあきらめずに、夢のスポーツカーを手に入れませんか?
スポーツカー

【千万の高級外車にスーパーカー】3000ccおすすめスポーツカーランキング【大排気量ターボ】

スポーツカーの魅力のひとつと言えば、シートに押し付けられるようなハイパワー。 パワーを出すために必要となるのが、大きいエンジンです。 ここでは、パワーが魅力の3000ccクラスのスポーツカーをご紹介いたします。 3000ccのスポーツカーは、ハイパワーマシンにツーシーター、高級外車まで豊富なラインナップが魅力です。
スポーツカー

【安く買える】大学生・20代におすすめのクーペまとめ【ツーシーター・FR・2ドア・MT】

近年あまり見かけなくなった、クーペ型の車。 しかし、クーペは独特なフォルムと高い走行性能を兼ね備えた、優れた車です。 そんなクーペを若者に乗ってほしいという想いを乗せ、おすすめ車をまとめました。 安い価格でも購入可能なクーペはたくさんあります。 周囲の注目を浴びる車に乗り、充実したカーライフを過ごしませんか?
スポーツカー

【FRに4WD】2500ccの国産おすすめ中古スポーツカー【280馬力の4ドアセダンなど】

スポーツカーの魅力の一つに、シートに締め付けられるようなパワーがあります。 2500ccクラスのスポーツカーは、280馬力を出力する車が多数存在。 ハイパワーだけでなく、室内空間も広めの傾向にあり、利便性も兼ね備えます。 3000ccのスポーツカーは、維持費が高く、高額車両が多く手が届かない、という人におすすめです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました