頭文字D/MFG

スポンサーリンク
頭文字D/MFG

【語呂や意味】頭文字Dに登場する車のナンバーまとめ【なぜアニメは5桁で新劇場版は4桁?】

峠の走り屋が舞台のマンガ、頭文字D。 完結してから長い時間が経過するが、今でも根強い人気を誇っています。 そんな頭文字Dに登場する車のナンバープレート番号をとりまとめました。 語呂で覚えられるナンバーや、アニメと新劇場版ではナンバープレートが異なるなど、頭文字Dに登場する車のナンバーには特徴にあふれています。
頭文字D/MFG

【AE86といえば!】頭文字Dと土屋圭市のつながり【ドリキンの由来・峠上がりの元走り屋】

「ドリキン」の愛称で親しまれている、元プロレーサーの土屋圭市。 ドリフトを多用する走行スタイルに、神がかりな走行テクニック、そして歯に衣着せぬ物言いで、人気を集めています。 そんな土屋圭市は、頭文字Dと深い関わりがあります。 ここでは、土屋圭市の紹介と頭文字Dとのつながりをまとめました。 やっぱりドリキンはかっこいい!

【聖地巡礼マップ】漫画オーバーレブ!に登場した峠まとめ【神奈川に横山峠は実在する!】

神奈川県相模原市を舞台に描かれたマンガ「オーバーレブ!」 その聖地と言える、峠をまとめました。 涼子たちが熱いバトルを繰り広げた聖地は、神奈川県に実在します。 マンガの聖地巡礼として、ワインディングを楽しむため、足を向けてみてはいかがでしょうか。
スポンサーリンク
スポーツカー

【いくらで買える?】マンガ「オーバーレブ!」の登場人物と登場車まとめ【ネタバレあり】

挫折を経験した少女が、車と出会い、ドライビングテクニックだけでなく、精神的な成長も遂げてゆく姿を描いた「オーバーレブ」。 ドラテク練習法やメカニックの知識など、初心者にも分かりやすく、勉強になる内容が多いことが特徴です。 そんなオーバーレブの登場人物と登場車、価格をまとめました。 憧れの車で、楽しいカーライフを!
スポーツカー

【頭文字D・湾岸好き?】RX-7が愛車の芸能人・有名人まとめ【ロータリーは旧車でも人気】

世代を超えて愛される、マツダが作った名車RX-7(FC3S・FD3S) そんなRX-7を愛車としている、していた芸能人や有名人をまとめました。 唯一無二のロータリーサウンドは、乗るものを虜にするといいます。 終売から約20年が経ったいまでも、専門店があるほどの人気です。 この魅力に憑りつかれた芸能人はいるのでしょうか。
スポーツカー

【頭文字D好き?】トヨタの名車AE86・現行86が愛車の芸能人・有名人【旧車のスポーツカー】

世代を超えて愛される、トヨタのAE86と現行86。 86を好きなのは、一般人だけでなく、芸能人や有名人も同じです。 ここでは、AE86と現行86に乗っている、乗っていたことがある著名人をご紹介します。 「あんな人まで、86に乗っていたの?!」という人から、「86と言えばこの人だよね!」という人まで盛りだくさんです!

【千と千尋の父さん?】頭文字D最強の敵ゴッドフット・ゴットアームとは?【筑波山に行ってみた】

頭文字Dの北関東最終戦にして、最強の敵であるパープルシャドウ。 ホームコースである、茨城県筑波山に行ってきました。 そこは城島俊也が戻してしまうのも分かる、勾配のきついコースです。 そんなパープルシャドウと筑波山のコースについて情報をまとめてみました。 ゴットフットこと星野好造が千と千尋の神隠しに登場している?!
頭文字D/MFG

頭文字Dアニメの見る順番【1st~Final Stageの概要 感想・各シリーズの視聴方法】

頭文字Dのアニメシリーズはたくさんの作品があります。 ここでは、アニメを見る際の視聴するべき順番と、各シリーズの無料視聴できるサイトをご紹介いたします。 あわせて、各シリーズの概要と感想、視聴方法もまとめてご紹介いたします。 頭文字Dのアニメを見る前是非参考にしてみてください。
頭文字D/MFG

【キャスト・ロケ地・BGM】実写版「頭文字D THE MOVIE」の評価は?無料で観るには?

頭文字Dに、実写版があることはご存知でしょうか。しかも、台湾映画として撮影されているのです。ここでは、頭文字Dの実写版「頭文字D THE MOVIE」についてまとめてみました。 台湾映画ということもあり、アニメとは一風変わった仕上がりとなりながらも、しっかりと公道で撮影をした、本格カーアクションでもあります。
頭文字D/MFG

【隠し・追加・新曲あり】頭文字D zero Ver2に登場するBGM一覧【秋名・赤城など】

頭文字D zero ver2に登場する楽曲・BGMの一覧を、峠ごとにまとめてご紹介いたします。 頭文字D zeroで採用されたBGMは、アニメ頭文字Dと異なり、EUROBEATはあまり使用されていません。 劇場版の頭文字Dに登場した、日本のロックバンドが中心です。 どれもテンションの上がるナンバーとなっています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました