スポーツカー

スポンサーリンク
頭文字D/MFG

【その後】藤原拓海の母親は頭文字D・MGゴーストに登場する?【死亡?出ていった?】

走り屋の世界を描き、初刊発行から15年以上が経った今でも、高い人気を誇る「頭文字D」。そんな頭文字Dの重要人物が、主人公藤原拓海の父である、藤原文太。文太の教えと策略によって拓海は走り屋の世界に入りました。では、拓海の母親はどのような存在なのでしょうか。ここでは拓海の母親についてまとめました。
頭文字D/MFG

【頭文字D・MFゴースト】ケンタ(中村賢太)って誰?車は?その後・未来は?【啓介の弟子】

頭文字Dにおいて、藤原拓海とダブルエースとして活躍した高橋啓介。 その愛弟子とも言える存在が、中村賢太です。 S14シルビアに乗り、赤城レッドサンズの一員として、拓海ともバトルをしたケンタ。 頭文字Dでのケンタの活躍と、その後どうなっているかをまとめてみました。
頭文字D/MFG

【頭文字D・MFゴースト】健二先輩って誰?その後・未来は?【ガソスタ・180SX・池谷】

頭文字Dの主人公、藤原拓海が走り屋の世界に入るきっかけとなった、秋名スピードスターズ。 リーダーである池谷の幼馴染が、健二です。 苗字すら不明な存在ながら、いつもガソリンスタンドに入りびたり、情報を持ってくるため登場シーンは数多知れず。 そんな健二はMFゴーストではどうなっているのでしょうか?
スポンサーリンク
スポーツカー

【シフトロックとは】MT車のシフトロックはなぜ起こる?【ヒール&トゥ・シフトショック】

MT車を運転する上で、ギアを変える際のシフトショックはできるだけ抑えたいもの。 このシフトショックが強すぎると、シフトロックを引き起こします。 シフトロックは、車の挙動が乱れるだけなく、車へのダメージも大きいものです。 では、シフトロックとは、具体的にどんな現象なのでしょうか。
頭文字D/MFG

【MFゴーストに登場】秋山渉・秋山和美のその後・未来は?【藤原拓海・高橋啓介・AE86】

頭文字Dの続編と位置付けられ、未来の世界を描いているMFゴースト。 そのため、頭文字Dに登場した人物も数多く登場します。 これら双方の作品に登場する人物の一人に、秋山渉がいます。 藤原拓海、高橋啓介と熱いバトルを繰り広げた、AE86レビン乗りの秋山渉。 彼のその後はどうなっているのでしょうか。
頭文字D/MFG

【御木先輩】イニシャルDの雪道バトルは何話?【曲・セリカ・サッカー部・暴力事件・拉致事件】

非力なAE86で、各地の猛者たちを倒していく頭文字D。主人公の藤原拓海は、毎日の豆腐配達で腕を磨きました。もちろん、豆腐配達は季節を問わず毎日。それが雪が降る群馬の山道であっても変わらずです。そんな拓海が、雪上でテクニックを見せたバトルがありました。ここでは、藤原拓海の雪上バトルに注目します。
頭文字D/MFG

【諸星瀬名】MFゴーストの885に込められた意味は?【語呂合わせ・ネタバレ・GRスープラ】

頭文字Dの続編として、国内外のスーパーカーバトルを描く、MFゴースト。主人公片桐夏向のライバルとして登場するのが、諸星瀬名です。瀬名が乗るスープラのゼッケン番号は、885。この番号は奥山広也曰く、「語呂合わせでセンスの欠片もない」とのこと。この語呂合わせに隠された意味とはどんな内容でしょうか。
頭文字D/MFG

【なぜ榛名でなく秋名?】秋名山のスタート地点!読み方!【実在する・5連続ヘアピン・溝落とし】

走り屋の世界を描き、初刊発行から25年以上が経過したいまでも高い人気を誇る、頭文字D。 主人公である藤原拓海が、中学生のころから豆腐配達を通してドライビングテクニックを磨いたのが、秋名山です。 その秋名山は、群馬県に榛名山として実在し、幾多のバトルの口火を切られたスタート地点も実在します。
頭文字D/MFG

【原因】イニシャルD 藤原拓海のエンジンブローは何話?【1回目・2回目・馬力・最終回】

頭文字Dの魅力の一つに、主人公である藤原拓海が非力なAE86で敵を倒していくことがあります。 そんな86のエンジンは、エンジンブローによって載せ替えをしていることはご存知でしょうか。 ここでは、拓海の86に搭載されているエンジンに注目し、詳細スペックとエンジンブローについて解説します。
頭文字D/MFG

【頭文字Dの何巻・何話?】インホイールリフトってなに?インリフトとの違い【やり方・ラリー】

頭文字Dの主人公、藤原拓海が駆使した神業の一つに「インホイールリフト(溝またぎ)」があります。 作中ではふたの無い側溝を攻略するテクニックとして活用されましたが、現実にできるものでしょうか。 ここではインホイールリフトの詳細と、実現可能かを紹介。 あわせて、拓海のインホイールリフトを解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました