頭文字D

スポンサーリンク

【頭文字D・湾岸好き?】RX-7が愛車の芸能人・有名人まとめ【ロータリーは旧車でも人気】

世代を超えて愛される、マツダが作った名車RX-7(FC3S・FD3S) そんなRX-7を愛車としている、していた芸能人や有名人をまとめました。 唯一無二のロータリーサウンドは、乗るものを虜にするといいます。 終売から約20年が経ったいまでも、専門店があるほどの人気です。 この魅力に憑りつかれた芸能人はいるのでしょうか。

【頭文字D好き?】トヨタの名車AE86・現行86が愛車の芸能人・有名人【旧車のスポーツカー】

世代を超えて愛される、トヨタのAE86と現行86。 86を好きなのは、一般人だけでなく、芸能人や有名人も同じです。 ここでは、AE86と現行86に乗っている、乗っていたことがある著名人をご紹介します。 「あんな人まで、86に乗っていたの?!」という人から、「86と言えばこの人だよね!」という人まで盛りだくさんです!
頭文字D

【千と千尋の父さん?】頭文字D最強の敵ゴッドフット・ゴットアームとは?【筑波山に行ってみた】

頭文字Dの北関東最終戦にして、最強の敵であるパープルシャドウ。 ホームコースである、茨城県筑波山に行ってきました。 そこは城島俊也が戻してしまうのも分かる、勾配のきついコースです。 そんなパープルシャドウと筑波山のコースについて情報をまとめてみました。 ゴットフットこと星野好造が千と千尋の神隠しに登場している?!
スポンサーリンク
頭文字D

頭文字Dアニメの見る順番【1st~Final Stageの概要 感想・各シリーズの視聴方法】

頭文字Dのアニメシリーズはたくさんの作品があります。 ここでは、アニメを見る際の視聴するべき順番と、各シリーズの無料視聴できるサイトをご紹介いたします。 あわせて、各シリーズの概要と感想、視聴方法もまとめてご紹介いたします。 頭文字Dのアニメを見る前是非参考にしてみてください。
頭文字D

【キャスト・ロケ地・BGM】実写版「頭文字D THE MOVIE」の評価は?無料で観るには?

頭文字Dに、実写版があることはご存知でしょうか。しかも、台湾映画として撮影されているのです。ここでは、頭文字Dの実写版「頭文字D THE MOVIE」についてまとめてみました。 台湾映画ということもあり、アニメとは一風変わった仕上がりとなりながらも、しっかりと公道で撮影をした、本格カーアクションでもあります。
頭文字D

【隠し・追加・新曲あり】頭文字D zero Ver2に登場するBGM一覧【秋名・赤城など】

頭文字D zero ver2に登場する楽曲・BGMの一覧を、峠ごとにまとめてご紹介いたします。 頭文字D zeroで採用されたBGMは、アニメ頭文字Dと異なり、EUROBEATはあまり使用されていません。 劇場版の頭文字Dに登場した、日本のロックバンドが中心です。 どれもテンションの上がるナンバーとなっています。
頭文字D

頭文字Dのアニメを無料視聴する方法!1st2nd3rd4th5thFinal stage全話

頭文字Dのアニメ・映画を無料で視聴できるサイトがあることはご存知ですか? このページでは、どのサイトでどのアニメシリーズ・映画を視聴できるか、細かくご紹介いたします。 1st、2nd、3rd、4th、5th、Final stageの全てを観れるサイトもあります。 あの何にも代えがたい臨場感を、もう一度味わいませんか?

【アニメ頭文字Dの放送範囲も紹介!】頭文字Dアニメ全stageのオープニング・エンディング集!

スポーツカーアニメとして、金字塔を打ち立てたとも言える頭文字D。とりわけ、頭文字Dならアニメは、車の挙動やエンジンサウンドを忠実に再現し、今もなお高い人気を誇っています。そして、頭文字Dのアニメを彩る存在であるのが、頭文字Dの主題歌です。ここでは、頭文字Dの各シリーズで使用された主題歌をまとめました。
MFG

【頭文字Dの続編!】MFゴーストは面白いのか?あらすじ・頭文字Dとのつながり・魅力を紹介!

数々の名バトルを繰り広げた頭文字Dは最終話から6年がたった今でも、冷めやらぬ熱として読者の心を揺さぶり続けています。 そんな頭文字Dの作者しげの秀一先生の新作マンガがMFゴーストです。 果たして、頭文字Dと同様に一世を風靡するマンガとなれるのでしょうか。 また、頭文字Dとのつながりはどのようなものがあるのでしょうか。
頭文字D

頭文字D東堂塾ホームコース塩那スカイラインに行ってみた!東堂塾のモデルとなったショップも紹介!

プロジェクトDにおける序盤のヤマともいえる、東堂塾との名勝負。そんな東堂塾に関する情報をまとめて、実際に現地に行ってみました。頭文字Dの魅力の一つは現地の再現性です。 この記事を見れば、頭文字Dのアニメや漫画を片手に現地へ行ってみたくなること間違いなしです!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました