【外出自粛でも外出したい】コロナ期間にはドライブもダメなのか?【ひとりの車内は3密を回避】

corona_drive
スポンサーリンク

コロナウイルス流行の最中でも、外出したい人は多いはず。

そこで注目されるのがドライブです。

一人のドライブであれば、誰とも濃厚接触することもありません。

しかし、一人でのドライブでも、注意点があります。

ここでは、コロナウイルス中のドライブについて、注意点と個人的な考えをまとめました。

スポンサーリンク

コロナウイルスで外出自粛の最中、ドライブもダメなのか?安全ではないのか

車を一人で運転する分には感染リスクは低く、家にいることと同じ

自家用車にひとりでいる場合、それは自宅にいることと同じ環境になります。

よって、感染リスクは大きく低下します。

しかし、その状態での移動は問題ありませんが、車から降りた途端、家から外にでたことと同じになります。

感染を避けるため、他人との距離を2メートル程度保つようにしましょう。

複数人でのドライブとなると話は別!「3密」を避けられず感染リスクが高まる

しかし、車内に複数人が乗車している場合は話が別です。

近い距離の密閉空間に人がいるため、「3密」は避けられなくなります。

できるだけ、ドライブには一人で出かけましょう。

スポンサーリンク

コロナによる外出自粛中、ドライブする上での注意点は?

【コロナ期間のドライブ注意点①】感染を避け、食事はドライブスルーがおすすめ

corona_drive_lunch

食事は、他人に向かって口を開けるため、感染リスクが非常に高くなります。

外出時の食事は、できるだけドライブスルーで済ませましょう。

ただし、ドライブスルーだからと安心しきらずに、食事前には必ずアルコール消毒をしましょう。

【コロナ期間のドライブ注意点②】人ごみや都心を避け自然を楽しむドライブを

せっかくのドライブで、感染リスクの高い場所に出かけては、元も子もありません。

外出先は、公園や山など、他人との接触が少ない場所にしましょう。

この場合も、共通設備を触ったあとには、必ずアルコール消毒をしましょう。

スポンサーリンク

【外出には必ず必要】コロナウイルスによる外出禁止期間のドライブに必須アイテム

【コロナ期間のドライブに必須アイテム①】マスク

corona_drive_mask

コロナウイルスだけでなく、風邪やインフルエンザ流行の際にも活躍するマスク。

最近まで品薄の状態が続いておりましたが、シャープなどの大企業がマスクの生産に乗り出し、品薄状態は解決しつつあります。

少しでも身を守る観点でも、マスクは着用して外出しましょう。

【参考】感染していない人がマスクをして予防になるのか?

マスクの実証実験において、感染予防効果は実証されなかったという報告もあります。

Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 | 日常的なマスク着用による感染予防効果について
感染防止と医薬について専門的な国際情報を発信いたします

実際、国からも風邪や感染症の疑いがある人に、マスクを使ってもらうことが重要と発表しています。

しかし、感染していない人も、マスクをすることで、鼻から口までの飛沫感染を避けることができます。

すこしでも感染リスクを低減するため、日常的にマスクを活用したほうが良いと思われます。

【コロナ期間のドライブに必須アイテム②】手ピカジェル

コロナウイルスは、飛沫だけでなく、手や指を介して感染すると考えられています。

よって、十分な手洗いと手指消毒が大切です。

とりわけ外出先では、あらゆる物に触れる機会が増えます。

直ぐに消毒できるものを常備しましょう。

【コロナ期間のドライブに必須アイテム③】除菌シート

ドライブでは、ハンドルやシフトレバーなど、必ず触らなければならない箇所がたくさんあります。

せっかく手指をきれいにしても、車内に菌があれば元も子もありません。

除菌シートを使って、車内も清潔な環境を保ちましょう。

あなたへのおすすめ!
たくろうをフォローする
T A C L O G
タイトルとURLをコピーしました