【ハードトップが消えた理由】クーペとハードトップの違い【ピラーレス(サッシュレス)の剛性】

【ハードトップが消えた理由】クーペとハードトップの違い【ピラーレス(サッシュレス)の剛性】車関連
スポンサーリンク

90年代後半に流行したハードトップの車。

運転席後方のピラーがなく、スタイリッシュなデザインが特徴です。

ここでは、ハードトップ車の特徴やクーペやセダンとの違い、代表的な車をご紹介いたします。

日本ではあまり見なくなったハードトップですが、海外では未だに高い人気を誇っています。

スポンサーリンク
  1. クーペとハードトップとセダンの違いは?ハードトップには2つの意味がある!
    1. クーペとは?【2枚のドアを持ち運転性能やデザイン性が特徴】
    2. セダンとは?【4枚のドアを持ちボンネット・車室・トランクで構成】
    3. ハードトップとは?【オープンカーの金属屋根とBピラーレス車の2つの意味】
  2. ハードトップ(サッシュレスドア)が消えた理由は?海外では未だに人気?
    1. 【ハードトップのデメリット】ボディ剛性と静粛性に劣るため国内では減少傾向
    2. ベンツやBMW、アウディなどはハードトップ(サッシュレスドア)を継続して販売
  3. 【国産・外車ともにスタイリッシュなデザイン】クーペのおすすめ車ランキング
    1. 1位:【国内で最も売れているスポーツカー】トヨタ 86/スバル BRZ
    2. 2位:【セダンの居住性とクーペのデザイン性があるハードトップ】BMW 4シリーズ グランクーペ
    3. 3位:【目立つデザインにターボエンジンを搭載したじゃじゃ馬】フィアット クーペフィアット
  4. 【利便性と大人の余裕と高級感を備える】セダンのおすすめ車ランキング
    1. 1位:【低燃費と高いデザイン性は誰からも好感度高め!】トヨタ プリウス
    2. 2位:【セダンと言えば高級車!最上級のエレガントさ】レクサス LS
    3. 3位:【クリーンディーゼルは環境面でも経済面でも優れる!】マツダ MAZDA6
  5. 【国内では人気停滞も海外では継続したニーズ!】ハードトップのおすすめ車ランキング
    1. 1位:【世界一売れたスポーツカーは世界から根強い人気】マツダ ロードスター
    2. 2位:【サッシュレスドアを持つドイツ生まれの高級車】メルセデス・ベンツ CLS
    3. 3位:【イタリアの高級ブランドから登場したハイブリッド】マセラティ ギブリ
  6. 【90年代に人気のノスタルジックカー】ハードトップの車を安く買う方法
    1. 「グーネット」で車両を古い順に並び替え!長期在庫車の価格交渉

クーペとハードトップとセダンの違いは?ハードトップには2つの意味がある!

クーペとは?【2枚のドアを持ち運転性能やデザイン性が特徴】

クーペとは?【2枚のドアを持ち運転性能やデザイン性が特徴】

クーペとは、左右2枚のドアがついた、流線形のデザインが特徴の車のこと。

そのメリットは、ボディ剛性や動力性能、スタイリング性に向上が見られることです。

このことから、スポーツクーペなどと称されることもある。

近年では、SUVクーペと呼ばれる、SUVの走行性能を持ちつつもクーペのようなスタイリッシュなデザインが特徴の車も登場している。

セダンとは?【4枚のドアを持ちボンネット・車室・トランクで構成】

セダンとは?【4枚のドアを持ちボンネット・車室・トランクで構成】

セダンとは、左右4枚のドアを持ち、車前方から、「ボンネット・車室・トランク」と3つの範囲によって構成されている車のこと。

クーペとの異なり広い車内空間が特徴で、ファミリーカーや高級車に良く見られる形状です。

2,30年前までは、車と言えばセダンという時代があったが、近年ではSUVやミニバンの台頭により、人気が分散傾向にあります。

ハードトップとは?【オープンカーの金属屋根とBピラーレス車の2つの意味】

ハードトップとは、2つの意味を持ちます。

  • ①オープンカーにおける幌ではなく金属で出来た屋根のこと
ハードトップとは?【オープンカーの金属屋根とBピラーレス車の2つの意味】
  • ②Bピラー(フロントドア後方のサッシュ)が無く、窓やデザインに開放感を持たせた車のこと
ハードトップとは?【オープンカーの金属屋根とBピラーレス車の2つの意味】

後者のサッシュレスドアの車は、90年代初頭に高いデザイン性を有することから、人気を博しました。

スポンサーリンク

ハードトップ(サッシュレスドア)が消えた理由は?海外では未だに人気?

ハードトップ(サッシュレスドア)が消えた理由は?海外では未だに人気?

【ハードトップのデメリット】ボディ剛性と静粛性に劣るため国内では減少傾向

ガラスに窓枠がないハードトップ車は、ボディ剛性に劣る傾向があります。

加えて、ボディ側のドアシールとガラスの密着面が劣化すると、静粛性が保てなくなる場合も。

これらのことから、近年の国内市場では、ハードトップ(サッシュレス)の車が減少傾向にあります。

ベンツやBMW、アウディなどはハードトップ(サッシュレスドア)を継続して販売

一方、メルセデス・ベンツやBMW、アウディなどの海外メーカーは、継続してハードトップ(サッシュレス)車を販売し続けています。

これらのメーカーは、オープンカーを継続的に新車の中にラインナップしている。

オープンカーはサッシュレスドアとなることが多く、この経験と実績を活かして、ハードトップ(サッシュレスドア)車を販売し続けています。

スポンサーリンク

【国産・外車ともにスタイリッシュなデザイン】クーペのおすすめ車ランキング

1位:【国内で最も売れているスポーツカー】トヨタ 86/スバル BRZ

クーペのおすすめ車【国内で最も売れているスポーツカー】トヨタ 86/スバル BRZ

近年で最も人気のあるスポーツカーと言っても過言ではない、86とBRZ。

スタイリッシュなクーペスタイルに、FRレイアウトとスポーツカーとしても楽しめる。

中古車相場も100万円を切りつつあり、まさに今が買い時の一台。

2位:【セダンの居住性とクーペのデザイン性があるハードトップ】BMW 4シリーズ グランクーペ

クーペのおすすめ車【セダンの居住性とクーペのデザイン性があるハードトップ】BMW 4シリーズ グランクーペ

セダンクーペという、新しい位置づけのBMW 4シリーズ グランクーペ。

クーペのスタイリッシュさを保ちながらも、セダンの居住空間を確保できた一台。

ちなみに、サッシュレスドアとなっており、ハードトップ車でもある。

3位:【目立つデザインにターボエンジンを搭載したじゃじゃ馬】フィアット クーペフィアット

クーペのおすすめ車【目立つデザインにターボエンジンを搭載したじゃじゃ馬】フィアット クーペフィアット

クーペの車として、希有な存在であるクーペフィアット。

街中を走れば注目度抜群のデザイン性に、FFながら抜群の走行性能を誇るターボエンジンを搭載。

86のようなハンドリングマシンとは言えないが、当時FF最速を誇ったスポーツカーでもある。

スポンサーリンク

【利便性と大人の余裕と高級感を備える】セダンのおすすめ車ランキング

1位:【低燃費と高いデザイン性は誰からも好感度高め!】トヨタ プリウス

セダンのおすすめ車ランキング【低燃費と高いデザイン性は誰からも好感度高め!】トヨタ プリウス

ハッチバックセダンと定義されているプリウス。

高いデザイン性と低燃費で、老若男女から人気を得ている。

カスタム性にも優れ、車が好きな若者やパパにもおすすめ。

2位:【セダンと言えば高級車!最上級のエレガントさ】レクサス LS

セダンのおすすめ車ランキング【セダンと言えば高級車!最上級のエレガントさ】レクサス LS

セダンと言えば、高級車のイメージが強い人も多いはず。

トヨタの高級車ブランド「レクサス」の中で、最高級セダンがLS。

デザイン性、走行性、居住性すべてにおいて優れ、ひとつ上の大人を感じさせる一台。

3位:【クリーンディーゼルは環境面でも経済面でも優れる!】マツダ MAZDA6

セダンのおすすめ車ランキング【クリーンディーゼルは環境面でも経済面でも優れる!】マツダ MAZDA6

近年、クリーンディーゼルに力を入れているマツダ。

その中で、高級セダンとして位置づけられている車が、マツダ6ことアテンザ。

ディーゼルにハイブリッド、ターボのガソリン仕様とあらゆる仕様を取り揃えており、必ずニーズに合致する一台が見つかるはず。

スポンサーリンク

【国内では人気停滞も海外では継続したニーズ!】ハードトップのおすすめ車ランキング

1位:【世界一売れたスポーツカーは世界から根強い人気】マツダ ロードスター

ハードトップのおすすめ車ランキング【世界一売れたスポーツカーは世界から根強い人気】マツダ ロードスター

世界一売れたスポーツカーのユーノスロードスターから数えること、4代目にあたるロードスター。

ハードトップとソフトトップをラインナップし、ハードトップは電動開閉式。

ソフトトップは軽さが魅力で、軽量FRという特徴を活かし、スポーツ走行に適している。

2位:【サッシュレスドアを持つドイツ生まれの高級車】メルセデス・ベンツ CLS

ハードトップのおすすめ車ランキング【サッシュレスドアを持つドイツ生まれの高級車】メルセデス・ベンツ CLS

2018年に7年ぶりにフルモデルチェンジされた、高級セダン。

初代の2005年からサッシュレスドアとして販売。

セダンでありながら、クーペのような流線形的なデザインで、人気を得ている。

3位:【イタリアの高級ブランドから登場したハイブリッド】マセラティ ギブリ

ハードトップのおすすめ車ランキング【イタリアの高級ブランドから登場したハイブリッド】マセラティ ギブリ

2013年に1997年ぶりに復活した、高級スポーツセダン。

ガソリンとディーゼルのツインターボエンジンに、2020年にはハイブリッドモデルも発表。

マセラティの中枢を担う世界戦略車として、販売されている。

スポンサーリンク

【90年代に人気のノスタルジックカー】ハードトップの車を安く買う方法

「グーネット」で車両を古い順に並び替え!長期在庫車の価格交渉

中古車業界には「在庫回転率」という考え方があり、「長期在庫」を嫌う傾向があります。

「長期在庫」の車は、「損切り」といって、中古車屋さんは多少損であろうと在庫から手放しがちです。

中古車情報サイト「グーネット」で、気になる車の総支払額の見積もりをとってみましょう。

「グーネット」のweb版なら、中古車販売店と直接やり取りができるので、気になることをなんでも質問できます。

もちろん、問い合わせは無料ですし、直接価格交渉だって可能です。

長期在庫車は、「並び替え」で新着順を「古い順」にするだけなのでとても簡単。

なかなか売れない車に狙いを定め、「グーネット」web版を通して価格交渉をしてみましょう。

※新着順を並び替えられるのは、web版のグーネットだけなので要注意!

あなたへのおすすめ!
車関連
たくろうをフォローする
T A C L O G
タイトルとURLをコピーしました