【学生でも買える】ハリアーやエクストレイルなど女にモテる安いSUVまとめ【なぜモテるのか?】

hot_cheap_SUV
スポンサーリンク

大学生や新社会人となり、車が必要となる方も多いと思います。

そんな方々が車に求める要件が、「安い」「利便性」「モテる」ではないでしょうか。

ここでは、最もモテる車と言われるSUV車に着目し、格安で購入できる車両をまとめました。

スポンサーリンク

なぜハリアーやエクストレイルなどのSUVがモテるのか

アンケートからも裏付けられた最もモテる車!

モテる車といえば、高級車というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし、近年では、SUVがモテるといわれています。

合同会社ラビッツが一般女性295人にアンケートを取ったところ、110人の方がSUVに乗っていてほしいと回答しました。

rabbit_SUV
女性295名にアンケート調査をしてわかった!女性が男性に求める車の特徴は?
合同会社ラビッツ(本社:愛知県名古屋市、代表社員:石川 貴裕)は、女性限定で全国の女性295名に「車に関するアンケート」 ...

SUVはアウトドアやラグジュアリーなど好みのスタイルを選べる車格!

SUVは広い車内空間を確保できているだけでなく、RVやクロカンほど走行性能に特化したわけでもなく、非常に乗りやすい車です。

加えて、内外装もRV・クロカン寄りのものから、都会向きのスタイリッシュなものまで、多くの種類があります。

この居住空間を保ちながらも、好みの外観の一台を探すことができることが、もうひとつのモテる理由と言えます。

スポンサーリンク

総額50万円以下で購入可能なモテる格安SUV(エクストレイルなど)

日産 エクストレイル(T30・T31系):総額20万円~

X-TRAIL
X-TRAIL

現行で3代目となっている、ロングセラー車両。1代目と2代目は、格安な価格で購入できる。SUVの中でも、オフロードに強さを誇っており、根強い人気がある。

良いところ悪いところ
・アウトドアを考慮したトランクルーム・居住空間は狭め
・ディーゼルやマニュアルなど、選択肢が多い・好みの分かれるシンプルなインパネ回り
・中古車市場の流通量が多い

日産 ムラーノ(Z50系):総額30万円~

MURANO
MURANO

日本では新車販売がないが、アメリカや中国では販売されている一台。エクストレイルと比べ、スタイリッシュな内外装が特徴である。

良いところ悪いところ
・発売から15年以上経過したいまでも、先進的な外観・3500ccモデルは税金が高額
・高級感のある内装・内装に高級感があり、アウトドアには向かない

スバル フォレスター(SF・SG・SH系):総額20万円~

FORESTER
FORESTER

スバルが誇る世界戦略SUV。日本のみならず、北米市場でも根強い人気を誇っている。

型ごとに特色があり、選択肢も多い一台。

良いところ悪いところ
・SUVの中で最もパワフルなエンジン・水平対向エンジンは故障時に工賃が高め
・水平対向エンジン独特のサウンドと力強さ・SF型マニュアルモデルはクラッチ故障が多め

ホンダ CR-V(RD・RE系):総額20万円~

CR-V
CR-V

2018年に国内販売が復活したCR-V。現行モデルは、初代から数えて、5代目となる。

初代と2代目は背面スペアタイヤの印象が強い。

良いところ悪いところ
・他社同一規格の車とは一線を画した外観・シンプルなインテリア
・ホンダ独特のエンジンの伸び・RVよりでもなく、スタイリッシュ寄りでもなく、曖昧な存在 (よく言えばいいとこ取り)

トヨタ クルーガー:総額40万円~

KLUGER
KLUGER

ハリアーをベースに開発されたSUV。ラグジュアリーさを売りにしたハリアーに対し、クルーガーはベーシックなSUVを目的として、発売された。

良いところ悪いところ
・他社同価格帯と比べ、高級感のあるインテリア・時代を感じる埋め込み型のメーカー純正カーナビ
・ランドクルーザーにも似た時代に左右されない外観・3000ccモデルは税金も高く、燃費もあまり良くない

スバル レガシィアウトバック(BG・BH・BP系):総額20万円~

OUTBACK
LEGACY OUTBACK

スバルが全世界に誇るSUV。レガシィベースに設計されているが、アウトドア向けのデザインと居住空間を考慮して設計されている。

良いところ悪いところ
・SUVとステーションワゴンのいいとこ取りのようなデザイン・ステーションワゴンベースの全高の低さ
・広めの居住空間・水平対向エンジンの修理費用の高さ

トヨタ RAV4(XA1・XA20W・XA30W系):総額40万円~

RAV4
RAV4

2019年に国内市場でも復活したRAV4。国内での人気はイマイチだが、世界では根強い人気を誇っている一台。

良いところ悪いところ
・スポーティな外観に使い勝手の良い内装・ラグジュアリーでもなく、アウトドア寄りでもなく、曖昧な位置づけ(よく言えばいいとこ取り)
・ロングボディではかなり広い積載容量の確保が可能

フォード エスケープ:総額40万円~

ESCAPE
ESCAPE

ここで一台外車を紹介。格安かつ維持困難でない車として、フォード・エスケープを紹介する。以前はマツダと共同開発していたこともあり、海外製の割に故障が少ない。

良いところ悪いところ
・他とそう簡単にかぶることのない外観・燃費が悪め(街乗り5.6km/ℓ程度)
・海外製の割に故障が少ない・フォードが日本撤退しているため、修理費が高め

総額70万円以下で購入可能なモテる格安SUV(ハリアーなど)

トヨタ ハリアー:総額50万円~

HARRIER
HARRIER

一時はレクサスRXと呼ばれた、高級SUV。若者から高齢の方まで幅広い人気を誇る。

日産 ジューク(F15系):総額50万円~

JUKE
JUKE

現行型でもスタイリングSUVの一番手。いわゆるクーペ型SUVで、お洒落な内外装となっている。

良いところ悪いところ
・発売から10年、大きなデザイン変更がなく、今でも先進的な外観・事故耐久性があまり高くないとの評価があり
 ※ 下記リンク参照
・SUVの割には低燃費(街乗り15km/ℓ程度)・クーペタイプのため、室内空間が広くない
【IIHS衝突安全】日産 ジューク、スモールオーバーラップテストで最低評価 | レスポンス(Response.jp)
日産自動車の主力小型クロスオーバー車、『ジューク』。同車が、米国で実施された新方式の衝突テストにおいて、最低評価を下された。

トヨタ ヴァンガード(A33W系):総額50万円~

VANGUARD
VANGUARD

クルーガーの後継として登場した一台。先代に比べ、高級さやラグジュアリーさをより追求した車となった。

良いところ悪いところ
・高級感のある内装・全長、全幅共に小さめの設計で、狭さを感じる
・7人乗りモデルもあり・積載容量は少なめ

トヨタ ハイラックスサーフ(N180・N210系):総額50万円~

HIRUX SURF
HIRUX SURF

トヨタが北米市場をターゲットに生産する、大型SUV。日本でも一時期人気を博した。

現行モデルは日本での販売はないが、海外では引き続き販売されている。

良いところ悪いところ
・エンジンパワーと積載容量。他のSUVと一線を画す・車両サイズが大きく、はじめは運転に苦戦するか
・かなりアウトドアに振った内装

BMW X3/X5 :総額50万円~

BMW X3
BMW X3・X5

この価格帯でも、外車のSUVをご紹介。x3の一回り大きいのが、x5という位置づけ。BMWのSUVに乗っていたら、注目の的となることは間違いなし。

良いところ悪いところ
・間違いなくかっこいい内外装・燃費の悪さ(街乗り5km/ℓ程度)
・日本にはないラグジュアリーさ・インパネの設計が海外向き。2DINのナビは設置できない
スポンサーリンク

ハリアーやエクストレイルなどのモテるSUVを安く購入する方法!

多くの中古車販売店に問い合わせ、各店舗の諸経費込金額を調べる!

上記でご紹介した車両は、いずれも安い価格帯で購入できる車ばかりです。

しかし、中古車というものは、購入店舗の考え方や居住地により、支払い額総額が全く変わってきます。

まずは、気になった中古車を、中古車情報サイトを通じて、問い合わせしてみることをオススメします。

中古車検索サイトを通じて問い合わせするメリット
・気になる車の支払総額がわかる
・問い合わせ先の雰囲気を知れる
・中古車購入の知識がつく
・広告メールなどが一切ない
・めんどくさくなったら、やり取りを終えられる

などなど、メリットばかりです!

気に入った車を購入するためにも、一歩踏み出して、できるだけ多くの車を問い合わせてみてはいかがでしょうか。

あなたへのおすすめ!
たくろうをフォローする
T A C L O G

コメント

タイトルとURLをコピーしました