【ハチロクがハチゴーに化けやがった】インパクトブルーの意味?勝負は碓氷峠のC121ドリフト!

【ハチロクがハチゴーに化けやがった】インパクトブルーの意味?勝負は碓氷峠のC121ドリフト!頭文字D/MFG
スポンサーリンク

走り屋の世界を描いた頭文字D。

主人公である、藤原拓海の初遠征バトルの相手が、碓氷峠のインパクトブルーです。

真子と沙雪の2人の通称であるインパクトブルーは、どのような由来なのでしょうか。

なぜ、拓海の父親である藤原文太は、「ハチロクがハチゴーに化けやがった?!」と言ったのでしょうか。

スポンサーリンク

【ハチロクがハチゴーに化けやがった?!】なぜ藤原拓海は武内樹のAE85レビンを身代わりに出かけた?

拓海初めての秋名山以外での遠征バトル!相手は池谷が想いを寄せる佐藤真子・沙雪(インパクトブルー)!

【ハチロクがハチゴーに化けやがった?!】なぜ藤原拓海は武内樹のAE85レビンを身代わりに出かけた?

拓海がイツキの85を身代わりにしてまで出かけた理由は、碓氷峠でのバトルのため。

池谷が惚れた相手である佐藤真子が、碓氷峠最速のインパクトブルーであったことが判明。

池谷は真子の願いをかなえるべく、後輩である拓海に頭を下げ、真子とのバトルを依頼。

拓海は困惑しつつも、池谷の依頼を受け入れ、初の遠征バトルである、碓氷峠に向かうのであった。

【名シーン】たばこを買いに出かけようとした藤原文太が発した名言、「ハチロクがハチゴーに化けやがった?!」

そんな背景もあり、池谷、健二、イツキと4人で碓氷峠へ向かうことになった拓海。

父親の車であるAE86スプリンタートレノをバトルへ引っ張り出すため、身代わりとして自宅に置いて行ったのが、イツキのAE85カローラレビン。

タバコを切らした文太が86で出かけようとしたところ、イツキの85が置いてあり、「ハチロクがハチゴーに化けやがった?!」の名言が生まれた。

スポンサーリンク

インパクトブルーってなに?由来は?拓海とのバトルは碓氷峠のC121コーナーのドリフトで決する!

インパクトブルーの由来は真子・沙雪の愛車、シルエイティ(RPS13)のカラーが由来

インパクトブルーってなに?由来は?拓海とのバトルは碓氷峠のC121コーナーのドリフトで決する!

身代わりを置いてまで碓氷峠に向かった4人。

相手のシルエイティはフロントがシルビア顔で、リアが180SXの顔を持つ車であることから、通称「シルエイティ」と呼ばれている。

「インパクトブルー」の由来は、真子・沙雪のシルエイティの外装色が青であり、碓氷峠最速であることが由来。

地元のガソリンスタンドの店員が、「走りこんでいる地元でも最速で誰も勝てない」と言うほどの実力者である。

拓海とインパクトブルーのバトルは拓海の勝利!勝負を決したのは碓氷峠のC121コーナーをドリフトで流しっぱ!

碓氷峠最速のシルエイティに対し、拓海のバトルは単純明快。

「同じ車なんだから、同じスピードで曲がれるはず。」

拓海の単純明快な作戦とテクニックは、真子・沙雪の動揺を誘う。

勝負の分かれ目は、C121コーナー。

真子・沙雪と同じスピードで曲がれたものはいない、と豪語したが、拓海は同じラインをドリフトで流しっぱの状態で、難なくクリア。

最終的に、真子が別コーナーのブレーキングポイントで突っ込み過ぎてしまい、バトルは決着した。

スポンサーリンク

拓海とインパクトブルーのバトル、ハチロクがハチゴーに化けるのは何話?無料で観るには?

単行本6巻!アニメはFirst Stage 17話から19話!

頭文字Dで85に乗って拓海がバトルしたのは何話?無料で観るには?

拓海がインパクトブルーとバトルをしたのは、First Stage17話から19話。

文太が「ハチロクがハチゴーに化けやがった?!」という名言を残すのは、First Stage 17話。

頭文字Dのアニメを観るなら、「U-NEXT」。

「U-NEXT」は、22,000本以上の作品を視聴できる動画配信サービス。

頭文字Dのアニメは、拓海がインパクトブルーとバトルをするFirst Stageはもちろんのこと、Extra Stageや新劇場版まで、31日間無料で楽しむことができます。

あなたへのおすすめ!
頭文字D/MFG
たくろうをフォローする
T A C L O G
タイトルとURLをコピーしました