頭文字D東堂塾ホームコース塩那スカイラインに行ってみた!東堂塾のモデルとなったショップも紹介!

頭文字D
スポンサーリンク

プロジェクトDにおける序盤のヤマともいえる、東堂塾との名勝負。特に藤原拓海と二宮大輝の名勝負は見る者を虜にしました。

そんな東堂塾に関する情報をまとめるだけでなく、実際に現地に行ってみました。

頭文字Dの魅力の一つは現地の再現性です。

この記事を見れば、頭文字Dのアニメや漫画を片手に現地へ行ってみたくなること間違いなしです!

スポンサーリンク

東堂塾のホームコースは塩那(えんな)スカイライン!聖地巡礼してみた!

initiaiD_tsuukoudome

塩那スカイライン(塩那道路)とは?建設途中の魅惑の道路!

栃木県道266号線中塩原板室那須線こと、通称塩那スカイラインは、那須塩原市から那須郡那須町へ繋がる一般県道です。

当初は高度経済成長最中のマイカーブームに伴う観光道路として、有料道路を構築する構想でありました。

しかし、昭和50年に景気減速により建設工事が休止し、一部区間のみ無料道路として開放されています。

頭文字Dに登場する東堂塾のホームコース塩那はどこ?

initialD_ennna

塩那という名前の通り、那須塩原市側にあります。

この道路は冬季期間閉鎖に加え、8時から18時のみ通行可となりますのでご注意ください。

現地へ向かう場合には、アニメにも登場した「箱の森プレイパーク」の看板や「那須塩原市立塩原中」を目指してください。

近くには塩原八幡宮や、塩原の温泉街があります。「湯っぽの里」と言われる足湯施設が格安で立ち寄れるので、おすすめです。

尚、同じく頭文字Dに登場した八方ヶ原もとても近くに存在します。

走ってみた感想:北関東で最高の峠道!

正直、ちょー面白かったです!!

頭文字Dでは未開通の道路と記されていましたが、先述の通り実際の塩那スカイラインもその通りです。

ほぼ対向車が無いため、思いっきりドライブを楽しむことができます。

かつ、アップダウンが激しく、タイトなヘアピンが続くので、シンプルな攻略となります。

ただし、ブレーキングフェイントをかまされた後に、わざとオーバースピードで突っ込むようなテクニシャンが相手であれば話は別ですが。。
 ※ 頭文字D 20巻参照

また、走る上での注意点が2点あります。

  • あまり使用されていない道路の為、路肩があれていたり、落石が多かったりします
  • まれに登山客の一般車が通過します

この二点に注意して走行ください。

ennna_romen

特にFFの車は先に前輪が苦しくなります。時代遅れのFRに第4ヘアピンで抜かれる、なんてことは避けましょう。
 ※ 頭文字D 19巻参照

そしてなにより、この景色です!車を駐車し、ゆっくり景色を見ることができるスペースもあります。

那須塩原の山々を一望でき、澄んだ気持ちになります。

ennna_kesiki
スポンサーリンク

東堂塾の登場人物とモデルになったショップは実在する!

東堂塾のモデルは中谷塾

頭文字Dに登場した中谷塾にはモデルがあると言われています。それは、元レーシングドライバーであった中谷明彦(なかやきひこ)氏がが開講する「中谷塾」です。

中谷氏と言えば、全日本F3やスーパー耐久などで輝かしい実績を誇っていますが、同時にレーサーきっての理論派であるることでも有名です。

そんな理論派の中谷塾では数多くのレーサーを輩出しました。その代表例が、佐藤琢磨や塚越広大です。

東堂商会のモデルは「レーシングスポーツ・アクティブ」

頭文字Dに登場した東堂商会にもモデルがあります。

それは、「レーシングスポーツ・アクティブ」と呼ばれるチューニングショップです。

元の名前を雨宮レーシング・アクティブと言い、元RE雨宮のメカであった方がオーナーを務められています。

googleマップで場所を見ただけで、アニメや漫画で見た景色と全く同じであることが分かりますね。

ダンロップの看板が印象に残ります。

東堂塾きってのブレーキング使い 二宮大輝:シビックタイプR(EK9)

todojuku_ek9

塩那スカイラインのくだりを担当し、藤原拓海と名勝負を繰り広げた二宮大輝。

イエローのEK9が印象的で、現在のEK9の価格高騰に一躍かっていると言えます。

バトル内容も拓海のレブ縛りに、バックミラーを振り返らない作戦など、涼介の頭脳がさえ渡った一戦でした。

啓介を追い詰めたテクニシャン スマイリー酒井:インテグラタイプR(DC2)

todojuku_ek9

集中すると顔がひきつり、笑っているように見えることからスマイリー酒井と呼ばれている。

DC2にボルトオンターボを搭載し、啓介のFDと接戦を繰り広げた。

ブレーキングフェイントで啓介を追い込んだ姿が印象的です。

スポンサーリンク

まとめ:塩那スカイラインは魅惑のクローズドコース!

塩那スカイラインは頭文字Dのファンのみならず、那須塩原観光の方にもぜひ立ち寄ってほしい場所です。

車の運転は交通ルールを守り、安全運転を心がけましょう。(頭文字Dオープニングより)

頭文字D
スポンサーリンク
たくろうをフォローする
T A C L O G

コメント

タイトルとURLをコピーしました