【プロジェクトDの意味とは?】頭文字Dの「香織」って誰?【死因・涼介、北条凛との繋がり】

【プロジェクトDの意味とは?】頭文字Dの「香織」って誰?【死因・涼介、北条凛との繋がり】頭文字D/MFG
スポンサーリンク

初刊発行から25年が経過した今でも高い人気を誇る、頭文字D。

ストーリーの後半は、プロジェクトDが関東の猛者達と死闘を繰り広げます。

そんなプロジェクトDのDには、高橋涼介の願いが込められています。

この記事では、この願いに関わる「香織」の存在と、涼介の想いについて詳しく掘り下げます。

スポンサーリンク

【Dの意味に関係する存在】香織とは誰?死因は?

死神GT-R 北条凛と高橋涼介の三角関係!プレッシャーに耐えかね自殺

【Dの意味に関係する存在】香織とは誰?死因は?

死神GT-Rこと、北条凛の元婚約者であった香織。

香織の父の会社は、北条凛の父が経営する病院の取引によって成り立っており、香織と北条凛の関係は親が決めた策略結婚であった。

しかし、高橋涼介と出会うことで、三角関係になってしまう。

結婚を拒否した香織は、父と大喧嘩。

涼介に電話したのを最後に、プレッシャーに耐えかねて自殺してしまいます。

香織は、単行本では37巻から登場します。

北条凛は高橋涼介の大学の先輩。北条豪は凛の弟!香織の自殺をきっかけに死神GT-Rが誕生

北条凛は涼介が通う大学の先輩であり、峠の楽しさを教えてくれた師匠と呼べる存在。

香織の死後、自暴自棄になった北条凛は家出。

愛車のR32GT-Rで箱根ターンパイクに出没し、相手の車をクラッシュさせる、死神と化してしまった。

かつては関東トップクラスの腕を持つ走り屋であり、涼介との最終決戦では何度も涼介を苦しめた。

ちなみに、涼介との最終決戦は、奇しくも香織の命日であった。

そんな、死神GT-Rこと北条凛の弟がサイドワインダーの北条豪。

プロジェクトDが神奈川エリアに攻め入る前から、涼介のことを認知していた。

スポンサーリンク

香織が関係するプロジェクトDの意味とは?プロジェクトDの主人公は涼介であった?

プロジェクトDのDの意味は「ドリーム」それとも「ダイヤモンド」か「ドライバー」?

香織が関係するプロジェクトDの意味とは?プロジェクトDの主人公は涼介であった?

生前、香織は涼介に対し、男には夢が必要だ、と言っていた。

涼介の夢は、群馬の峠から世界に通用するドライバーを育てること。

最終巻となる単行本48巻では、涼介は香織の墓石を前にし、これからもそんなダイヤの原石をこれからも育てていきたい、と語っている。

プロジェクトDは、涼介自身の「ドリーム」であり、「ダイヤモンド」と言える拓海や啓介と言った「ドライバー」を育てていくことが、涼介自身の願いであることがうかがえる。

MFゴーストは涼介自身の「ドリーム」の続き?!群馬出身のドライバーが多数登場

頭文字Dの続編ともいえるMFゴーストでは、群馬の峠出身のドライバーが世界トップレベルでしのぎを削っている。

藤原拓海の愛弟子ともいえる、片桐カナタがトヨタ86でスーパーカー集団をかき乱し、高橋啓介はミハイル・ベッケンバウアーが登場するまでコースレコードを保持。

諸星瀬名は、涼介と啓介が推進する「ドリームプロジェクト」で鍛え上げられたドライバー。

まさに高橋涼介の夢である、群馬の峠から世界に通用するドライバーが育っているのである。

あなたへのおすすめ!
頭文字D/MFG
たくろうをフォローする
T A C L O G
タイトルとURLをコピーしました