MFゴーストに登場する頭文字Dの登場人物は?プロジェクトD解散後のそれぞれの未来を紹介!

MFゴーストに登場する頭文字Dの登場人物は?プロジェクトD解散後のそれぞれの未来を紹介!頭文字D/MFG
スポンサーリンク

頭文字Dの続編とも呼ばれるMFゴースト。

舞台や時代背景は違えど、読者の心を揺さぶり続ける走りへの魅力は、新たなスポーツカーの在り方の指針とも言えます。

そんなMFゴーストには、頭文字Dにて登場した人物がたくさん登場します。

ここでは、頭文字Dに登場したMFゴーストの登場人物をご紹介いたします。各地の峠で熱いバトルを繰り広げた彼らの未来はどうなっているのでしょうか。

スポンサーリンク
  1. MFゴースト(MFG)とは?
    1. 頭文字Dに登場した人物の未来と新たなヒーローの登場を描く自動車マンガ!
  2. 【秋名の86は世界の舞台へ】藤原拓海のその後
    1. 主人公「片桐カナタ」を育て上げた、悲運のラリースト
  3. 【プロジェクトDのダブルエース!】高橋啓介のその後
    1. 変わらずFDを愛し続けるイケメン敏腕社長!
  4. 【公道最速伝説は終わらない!】高橋涼介のその後
    1. MFGの重職と医師の二足のワラジを履く天才!
  5. 【レインバトルが得意なS14使い】中村賢太のその後
    1. 今も昔も変わらず、啓介の参謀役!(?)
  6. 【秋名スピードスターズのリーダー】池谷浩一郎のその後
    1. ハゲと独身が禁句のガソリンスタンド(ENEOS)の所長
  7. 【拓海の親友のAE85レビン乗り】武内樹のその後
    1. 頭文字D時代から20kg太ったが「くーーっ」は健在のガソリンスタンド店員
  8. 【秋名スピードスターズのナンバーツー】健二先輩のその後
    1. 相変わらずガソリンスタンドにたまりつつも、髪を整え妻子も持つパパ
  9. 【名勝負繰り広げた86レビン】秋山渉のその後
    1. ラリー、ジムカーナ、ツーリングレースに参戦するMFG幹部
  10. 【親子2代に渡るミッドシップ使い】小柏カイのその後
    1. レース界に従事し続けるプロフェッショナル!
  11. 【相葉瞬の師匠!】池田竜次のその後
    1. 住職と議員の二つの顔を持つ理論派!
  12. 【妥協のないチューニングで86を仕上げる】奥山広也のその後
    1. カナタと瞬の車を仕上げる名チューナー!
  13. 【プロジェクトDでは拓海専属のメカニック】松本修一のその後
    1. 群馬のゴットハンドと呼ばれ啓介の弟子の「諸星瀬名」のマシンを整備

MFゴースト(MFG)とは?

頭文字Dに登場した人物の未来と新たなヒーローの登場を描く自動車マンガ!

長年に渡って自動車好きの心を揺さぶり続けた頭文字Dは、2013年に終わりを迎えました。

マンガの終了とともにプロジェクトDが解散し、頭文字Dの物語は終了したかのように思われました。

しかし、終わりと考えられていた頭文字Dの続編として、新公道最速伝説と銘打ち、2017年に同じしげの秀一先生から連載が始まったのが、MFゴーストです。

スポンサーリンク

【秋名の86は世界の舞台へ】藤原拓海のその後

主人公「片桐カナタ」を育て上げた、悲運のラリースト

藤原拓海 MFG 頭文字D 片桐カナタを育て上げた、悲運のラリースト AW86 トレノ

頭文字Dの主人公であり、数々の伝説を作り上げた藤原拓海。プロジェクトDのダウンヒルエースとして、多くの見るものを虜にしてきました。

頭文字D上では、プロドライバーになる、と宣言するシーンもありましたが、父:文太と同くラリーストとしての歩みを始めました。

20歳にて渡英し、国内のラリー選手権に参戦すると、3年目にチャンピオンを獲得し、すぐに頭角を現しました。

その後、イギリス国内でフライングジャン(空飛ぶ日本人)との異名を獲得。世界のトヨタ自動車と契約し、世界ラリー選手権(WRC)に出場しました。

しかし、ここまでが、拓海のドライバーとしてのピークでした。

ラリー中の大事故で大怪我を負い、引退せざる負えなくなったのです。

引退後、一時消息を経ちますが、カナタが卒業したRDRSの講師として、再度表舞台に戻ってきます。

そこで育て上げたのが、MFゴーストの主人公、片桐カナタなのです。

スポンサーリンク

【プロジェクトDのダブルエース!】高橋啓介のその後

変わらずFDを愛し続けるイケメン敏腕社長!

MFG 頭文字D 高橋啓介 FDを愛し続ける敏腕社長 FD3S rx-7

頭文字DにてプロジェクトDのヒルクライムエースを務めた啓介。その走りは熱さの中にクレバーさを持ち合わせており、まさに頭文字Dの二大エースでした。

そんな啓介がMFゴーストでは、「TKマッハコーポレーション」の社長として登場します。

しかし、伝説的なドライビングテクニックは今も変わらず健在。

MFGの公式デモ動画では、頭文字Dでも搭乗していたイエローのRX-7(FD3S)で、ミハイル・ベッケンバウアーが更新するまでの最速タイムを叩き出していました。

スポンサーリンク

【公道最速伝説は終わらない!】高橋涼介のその後

MFGの重職と医師の二足のワラジを履く天才!

MFG 頭文字D 高橋涼介 MFGの重職と医師の二足のワラジを履く天才 FC3S rx-7

頭文字Dでは、赤い彗星と呼ばれた天才でありながらも、クレバーな頭脳を活かしてプロジェクトDの指揮を取った涼介。

マンガMFゴーストでは、その頭脳を活かしてMFGを考案し、エグゼクティブオーガナイザーを努めています。

加えて、頭文字Dでは現役医学部生だったこともあり、前橋の病院で医師も務めています。

涼介曰く、MFGはかつて提唱した行動最速理論の解答編、と位置付けていることから、今後の展望が期待されます。

スポンサーリンク

【レインバトルが得意なS14使い】中村賢太のその後

今も昔も変わらず、啓介の参謀役!(?)

MFG 頭文字D 中村賢太 啓介の参謀役 S14 シルビア

赤城レッドサンズで前期型S14型シルビアに乗っていた賢太。

いつも啓介についてあるき、武内イツキとキャラ被りしている印象が強い方も多いのではないでしょうか。

そんな賢太は、啓介が経営する「TKマッハコーポレーション」で不動産部門のチーフを務める。

啓介曰く、賢太は地上げのセンスがあるとのこと。

本人は以前所属した自動車パーツ部門に戻りたいと願っているが、自分で考える力がないと、啓介から認められていない。

スポンサーリンク

【秋名スピードスターズのリーダー】池谷浩一郎のその後

ハゲと独身が禁句のガソリンスタンド(ENEOS)の所長

【秋名スピードスターズのリーダー】池谷浩一郎のその後 ハゲと独身が禁句のガソリンスタンド(ENEOS)の所長

頭文字Dでは、拓海が峠を走るきっかけをつくった池谷。

面倒見がよく、拓海の成長は池谷なくしては語れない。

そんな池谷は、ガソリンスタンドで所長に昇進。

2019年にESSOがENEOSに統合さたため、看板は変わったものの、同じガソリンに勤務していると思われる。

未だに真子ちゃんのことが忘れられず、独身を貫いている。(

スポンサーリンク

【拓海の親友のAE85レビン乗り】武内樹のその後

頭文字D時代から20kg太ったが「くーーっ」は健在のガソリンスタンド店員

【拓海の親友のAE85レビン乗り】武内樹のその後

拓海の親友であり、勝手にライバル視していたイツキ。

濃いキャラクターと印象に残る言動で、頭文字Dでは欠かせない存在であった。

そんなイツキも、池谷と変わらずガソリンスタンドに勤務。

20kgも太ってしまい、輪郭は変わってしまったが、口癖の「くーーっ!」のキレは健在。

妻子ももうけ、幸せな家庭を築いている模様。

太ってしまったのは、好物の台湾産バナナが原因か(?)

スポンサーリンク

【秋名スピードスターズのナンバーツー】健二先輩のその後

相変わらずガソリンスタンドにたまりつつも、髪を整え妻子も持つパパ

【秋名スピードスターズのナンバーツー】健二先輩のその後

苗字すらわからないが、頭文字Dでは重要な役割を担った、健二先輩。

いつもガソリンスタンドに入り浸り、重要な情報は必ずと言っていいほど健二先輩の口から広まる情報通。

その情報通っぷりはかわらず、池谷・イツキがいるガソリンスタンドに、諸星瀬名の参戦情報を提供する。

変わっていることと言えば、結婚し、さわやかな髪形に、スーツ姿になっていることくらいか。

尚、車から降りる描写があるが、180SXかどうかはわからない。

スポンサーリンク

【名勝負繰り広げた86レビン】秋山渉のその後

ラリー、ジムカーナ、ツーリングレースに参戦するMFG幹部

【名勝負繰り広げた86レビン】秋山渉のその後 ラリー、ジムカーナ、ツーリングレースに参戦するMFG幹部

かつて、ドッカンターボとスーパーチャージャー仕様の86レビンで、拓海と啓介を苦しめた秋山渉。

走りに対して熱い情熱を持っており、頭文字Dでは、メカに弱い拓海と衝突するシーンも。

そんな秋山は、多岐にわたるモータースポーツに参戦し、走りに対して変わらず熱い情熱を持ち続けている。

MFGの理事も勤め、第3戦に解説として招かれている。

スポンサーリンク

【親子2代に渡るミッドシップ使い】小柏カイのその後

レース界に従事し続けるプロフェッショナル!

MFG 頭文字D 小柏カイ レース界に従事し続けるプロフェッショナル MR2 SW20

藤原文太、拓海と親子二代に渡って激しいバトルを繰り広げた小柏家。

特に拓海とカイは、2度に渡って戦い、いくつもの名シーンが生まれた。

そんなカイはレーシングチームの監督となり、今でも第一線で活躍を続けている。

加えて、高橋涼介ともつながりを持ち続けており、MFG第1戦の解説を務めた。

スポンサーリンク

【相葉瞬の師匠!】池田竜次のその後

住職と議員の二つの顔を持つ理論派!

MFG 頭文字D 池田竜次 住職と議員の二つの顔を持つ理論派 z33 フェアレディZ

チーム・スパイラルでヒルクライムを努めた池田竜次。

ゼロ理論という独自の考えを持ち、その実力は涼介も一目置くものであった。

MFゴーストでは実家の寺院で重職を務める傍ら、地元小田原市の市議会議員を務めている。加えて、モータースポーツを通じて青少年を育成する、「ゼロ・アカデミー」を主催している。

涼介たちとも親交があり、2戦目には解説として招かれている。

スポンサーリンク

【妥協のないチューニングで86を仕上げる】奥山広也のその後

カナタと瞬の車を仕上げる名チューナー!

MFG 頭文字D 奥山広也 ナタと瞬の車を仕上げる名チューナー シルビア s15

チーム・スパイラルでダウンヒルを務めた奥山広也。

愛車のS15に絶対的な自信を持っていたが、テクニックでは拓海には全く歯が立たず、あっけなく敗れてしまった。

しかし、MFゴーストでは、カナタの86をチューン・メンテナンスを務める重要な役を担っている。

奥山は相葉瞬のメンテナンスを務める、「スパイラル・ゼロ」を経営。その腕は確かで、瞬からも自身の躍進を支えた功労者と、全幅の信頼を置かれている。

チューニングの際には、エンジン以外のチューンでどこまでタイムを縮められるかをテーマとしており、カナタの86も単純なパワーアップではなく、足回りの強化から着手している。

スポンサーリンク

【プロジェクトDでは拓海専属のメカニック】松本修一のその後

群馬のゴットハンドと呼ばれ啓介の弟子の「諸星瀬名」のマシンを整備

【プロジェクトDでは拓海専属のメカニック】松本修一のその後 群馬のゴットハンドと呼ばれ啓介の弟子の「諸星瀬名」のマシンを整備

プロジェクトDにて、86トレノのセッティングやチューニングを一手に引き受けていたおり拓海の専属メカニックを務めた松本。

高橋涼介と北条凛のバトルでは、涼介のFCのセッティングも任されており、高い技術力が評価されていることがうかがい知れる。

MFGでは、啓介の弟子にあたる、ドリームプロジェクト諸星瀬名のGRスープラのセッティングを担当。

群馬のゴットハンドと呼ばれるほど、技術力で名声を上げている。

あなたへのおすすめ!
頭文字D/MFG
たくろうをフォローする
T A C L O G

コメント

タイトルとURLをコピーしました