【動画あり】ベイスターズ投手陣のキーマン!新外国人マイケル・ピープルズの経歴や成績、プレースタイルまとめ!

Michael_Peoplesプロ野球
スポンサーリンク

2019年の横浜DeNAベイスターズは、先発投手陣に苦戦した。

前評判では、今永、石田、東の先発左腕カルテットを中心とした先発陣がチームの柱となると思われていたが、ふたを開けてみれば、今永と上茶谷のふたりしか100イニングをクリアできなかった。

そんな先発投手に課題を抱えるベイスターズがエディソン・バリオスを解雇したことで、新先発外国人の獲得が切望されていた。

そして、満を持して獲得を発表した選手が、マイケル・ピープルズである。

ここではピープルズの活躍に期待を込めて、経歴や成績、プレースタイルを紹介いたします。

スポンサーリンク

マイケル・ピープルズのプロフィール

今季3Aで才能が花開いた、伸び盛りの長身右腕!

  • 本名 スコット・マイケル・ピープルズ
  • 出身地 アメリカ テキサス州
  • 生年月日 1991年9月5日(満28歳)
  • 身長 196cm
  • 体重 86kg
  • 投打 右投/右打
  • 守備 投手(先発)
  • 球種 フォーシーム、ツーシーム、スライダー、パワーカーブ、チェンジアップ
  • 年俸 3500万円+出来高

アメリカ テキサス州ウェーザーフォード出身の28歳。

2019年シーズンはクリーブランド・インディアンズ傘下の3Aチーム、コロンバスに所属。チームトップの10勝を挙げるとともに、プレーオフの開幕投手も務め、2戦2勝を記録した。

プロ入りはオクラホマ州立大学に所属していた2012年で、ドラフト14位で指名された。

2016年シーズンには2Aと3A合算で12勝を挙げたが、右肩の手術歴もあり、2Aと3Aをいったりきたりのシーズンを過ごしていた。

MLBの経験はないが、まさに今が伸び盛りの右腕と言える。

スポンサーリンク

マイケル・ピープルズのプレースタイル

多彩な変化球を駆使した、制球力の高いグラウンドボーラ―!

DeNA 新外国人 マイケル・ピープルズ投手 動画まとめ
最速153㎞
球種フォーシーム
ツーシーム
パワーカーブ
スライダー
チェンジアップ

投球の軸となるのは、フォーシームとツーシーム、パワーカーブ。特にパワーカーブは120㎞台終盤で、大きな縦の変化で打者を惑わす。

また、18年のシーズン成績(3A)は下記の通り。

試合25
イニング144.2
防御率3.98
奪三振122
与四球29
被本塁打17
WHIP1.286

成績からも分かる通り、与四球と被本塁打が少ない投手であることがわかる。

ピープルズはハマスタに適したグラウンドボーラ―!

Peoples gets strikeout for Akron

今季成績を更に噛み砕くと、気になる数字が見受けられた。

  • GO/AO 1.34 ※ GO/AO…ゴロアウト総数をフライアウトの総数で割って算出。平均は1.08

この数値から見ても、かなりアウトの総数をゴロで稼いでいることが分かる。

べイスターズの本拠地、横浜スタジアムは狭い球場であることで有名であり、かなり横浜スタジアム向きの投手であると言える。

スポンサーリンク

マイケル・ピープルズの活躍予想

活躍のキーは得意のパワーカーブの出来次第!

来日前年にアメリカでピープルズと似たような成績を残した選手を探してみたところ、おもしろい選手が見つかった。

ブランドン・ディクソン(オリックス)
※ カッコ内はピープルズの成績

イニング141.1(144.2)
防御率3.63(3.98)
奪三振104(122)
与四球27(29)
被本塁打17(17)
WHIP1.259(1.286)
【プロ野球パ】分かっていても打てない!ディクソン、キレッキレのナックルカーブ 2015/05/16 F-Bs

ピープルズが所属したのはIL、ディクソンが所属したのはPCLと違いはあれど、ほぼ同じ成績である。

以前はILは投高と言われていたが、近年はボールの反発係数が変わり、投高とは言えなくなってきている。

ディクソンも日本ではあまり見かけない落差の大きいナックルカーブを武器に活躍をしていることから、ピープルズの活躍もパワーカーブの仕上がりにかかっているともいえるのではないか。

ディクソンと同様に、先発の柱となるような活躍を期待したい。

プロ野球
スポンサーリンク
たくろうをフォローする
T A C L O G

コメント

タイトルとURLをコピーしました