【安く買える!】naのドリ車のメリットとデメリット【初心者におすすめベース車両ランキング】

na_drift
スポンサーリンク

ドリフトに興味があるものの、意外とドリ車は高いもの。

タイヤなどの部品にもお金がかかるドリフトは、初期費用を抑えめにしたいところです。

ここでは車体価格が安価な、NAのドリフト車両について、メリットとデメリット、おすすめ車両をまとめました。

ドリフト初心者の方は、まずはNAのドリ車で、車の面白さを味わってみませんか。

スポンサーリンク

NAのドリ車のメリットは?

NAのドリ車のメリットは?

車体価格も維持費も安い!

NAとは「ノーマルアスピレーション」の略。

つまり、過給機(ターボ・スーパーチャージャー)がなく、自然吸気にてエンジンに空気を取り込む車両のことです。

NAエンジンの車は、パワーがあまり高くない傾向にあります。

しかし、パワーがない分、中古車価格はターボ車に比べて安価な傾向があります。

その価格は、車によってはおよそ半額ほどです。

加えて、NA車はターボ車に比べ、パーツが少ない傾向があるため、故障のリスクが少ないというメリットがあります。

初心者でも扱いやすいパワーでテクニック向上に最適!!

パワーが低いということは、一見するとデメリットのように感じます。

しかし、初心者の場合、ハイパワーマシンを手に入れたところで、そのパワーを使いこなせるかは話が別です。

頭文字Dにおいて、AE86をドライバーを育てる車、と称しています。

まずはノンターボの車で腕を磨くということは、おおいにメリットがあることです。

スポンサーリンク

NAのドリ車のデメリットは?

NAのドリ車のデメリットは?

上級者向けにはパワーが不足

パワーが少ない分、派手で魅せるドリフトはしづらくなります。

もちろんNA車でもドリフトは可能ですが、ドリフト上級者はターボ車を好む傾向にあります。

ターボを後付けするには高額な費用が発生

NA車を購入したとしても、ターボは後付けすることもできます。

しかし、ターボの後付けには、車によって50万円ほどの費用がかかることもあります。

加えて、パワーを出すと、足回りの強化も必須になってきます。

ドリフトを極めたい人は、多少高額であれど、購入時にターボ車を買うことをお勧めいたします。

スポンサーリンク

NA車でドリフトをする際の注意点は?

NA車でドリフトをする際の注意点は?

【ドリ車の必須条件】FR車を選ぶ

ドリフトを見ていると、大半のドライバーがFR車に乗っています。

FR車は、重いエンジンが前にある上にリアタイヤ回転するため、後輪が空転する状態を作りやすくなります。

よって、コマの要領で、FR車は回転(ドリフト)をしやすいのです。

ドリフトに挑戦したい方は、必ずFR車を購入しましょう。

リアタイヤには扁平率が高くグリップ力がないタイヤを

先に記した通り、ドリフト時のリアタイヤは、空転している状態です。

よって、リアタイヤには、グリップ力がないタイヤをチョイスしましょう。

練習時には、ほぼ溝がないタイヤでも問題ありません。

最初のチューニングはLSDとナックル加工

NA車で魅せるドリフトを目指す場合、最初のチューニングとして、LSDの装着とナックル加工をしましょう。

LSDはコーナリング時に、内側のタイヤの空転を避け、トラクションがかかりやすくしてくれます。

ナックル加工は、ハンドルの切れ角を大きくすることで、ドリフト時の荷重移動がよりスピーディーになります。

スポンサーリンク

NAエンジンを搭載したドリフト車を安く買う方法

中古車情報サイト「グーネット」を使って直接価格交渉

ドリ車を安く買う方法

スポーツカーは頭数が少なく、近隣店舗に気になる一台が無いことも多々あります。

そんなときには、中古車情報サイト「グーネット」のweb版で、気になる車について問い合わせてみましょう。

車に関する質問、総支払額が分かるだけでなく、メールを通して販売店とやり取りができるので、直接の価格交渉も可能です。

もちろん、問い合わせは無料ですので、気になる車はどしどし問い合わせてみるべきです。

スポンサーリンク

【安くて初心者でも扱いやすい中古車】NAのドリ車おすすめランキング

【1位:安くてパワーも十分!】日産 フェアレディZ(Z33)

NA 格安 ドリ車 フェアレディZ Z33

NAながら、280馬力を出力するZ33。

V6の3500ccから生み出さえれるパワーは、ターボ車を凌ぐ魅力があります。

加えて、中古車相場も安く、MTでも60万円程度から購入可能となっています。

【2位:ドリ車の定番!】日産 シルビア

NA 格安 ドリ車 シルビア s13

ドリフトといえば、シルビアを連想する人も多いはず。

SR20エンジンは、アルミブロックながら剛性が高く、チューニングに適しています。

加えて、古いモデルでも、アフターパーツが豊富であることも魅力のひとつです。

【3位:ライトウェイトスポーツの楽しさ!】マツダ ロードスター

NA 格安 ドリ車 ロードスター  NB

人馬一体の代名詞を持つ、ロードスター。

軽量のFR車のため、キビキビとした走りが期待できます。

2代目のNB型は中古車相場も安く、40万円程度から購入が可能です。

ただし、ホイールベースが短いため、慣れるまではピーキーなハンドルさばきが必要。

【4位:今日本で最も売れているスポーツカー】86・BRZ

NA 格安 ドリ車 86 BRZ

近年では、D1などでも活躍する姿が見られるようになった、現行86。

NAエンジンながら、200馬力を出力するため、ハイパワーとまではいかないが、他のNA車に比べたらパワーは高め。

近代の車らしくTRC(トラクションコントロール)とVSC(横滑り防止機能)が装着されているので、解除することをお勧めいたします。

【5位:ドリフトベースとして有名な名車】トレノ・レビン(AE86)

NA 格安 ドリ車 AE86

ドリフト全盛期の90年代前半に、大活躍した1台。

今は、頭文字Dでの大活躍もあり、プレミア価格がついています。

当時から基幹系の設計がシンプルであることと、エンジン(4A-G)の性能が買われて人気を博していましたが、今はアルターパーツも枯渇気味。

パワーもないため、パワーのある車に比べると、ドリフトのカッコよさには見劣りするかもしれません。

あなたへのおすすめ!
たくろうをフォローする
T A C L O G
タイトルとURLをコピーしました