【安い国産・外車・軽】新社会人におすすめのスポーツカーランキング【通勤・ローン・購入時期】

【安い国産・外車・軽】新社会人におすすめのスポーツカーランキング【通勤・ローン・購入時期】スポーツカー
スポンサーリンク

新入社員として、数多くの人が必要になるものが、車。

どうせ車を買うなら、自分の好みの一台を購入したいと思うことは当然のこと。

ここでは、新入社員がスポーツカーを買う際の懸念点と、おすすめのスポーツカーをご紹介いたします。

乗りたい車は、往々にして家庭を持つと乗れないものです。

今のうちに、憧れの車に乗ってみませんか?

スポンサーリンク

【維持できる?買うべき?】新社会人がスポーツカーを買う前に検討すべきこと

【維持できる?買うべき?】新社会人がスポーツカーを買う前に検討すべきこと ローン 通勤 営業

【マイカーローンの平均は年収の25~35%】支払い・ローン計画は適切か

新社会人となって車が必要になる人の大半は、ローンで車を購入すると思われます。

憧れの車はいくつもあると思いますが、その支払い計画は適切なものか考えてみましょう。

マイカーローンの平均支払額は、25%~35%。

大卒新入社員の平均年収は、200万円~250万円ほど。

平均的な年収の場合、年間の返済額は、およそ60万円となります。

ある程度、年式が経過したスポーツカーを狙う場合、何年程度乗るべきかとあわせて、計画すべきと言えるでしょう。

【通勤や営業でも使う?】維持費はどのくらいかかるか、会社からの補助はあるか

新入社員がスポーツカーを買う場合、その車は通勤や営業など、仕事で使うのかも考えましょう。

スポーツカーは、ただでさえ維持費がかかるもの。

燃費が悪く、任意保険は高くつきがちです。

通勤で使う場合、ガソリン代の単価はどのくらいか、マイカーへの補助金はあるか。

また、営業でマイカーを使う場合、自家用車手当はどのくらいか、

営業でスポーツカーを使う場合、かなりの手当をもらえないと、スポーツカーの維持は難しいと推測されます。

スポーツカーは一般車と比べてリセールが期待できるとは言え、減価償却も考えて購入すべきといえます。

スポンサーリンク

【中古車が最も安い時期は4月5月】新社会人がスポーツカーを安く買う方法

「グーネット」で車両を古い順に並び替え!長期在庫車の価格交渉

【中古車が最も安い時期は4月5月】新社会人がスポーツカーを安く買う方法

中古車業界には「在庫回転率」という考え方があり、「長期在庫」を嫌う傾向があります。

「長期在庫」の車は、「損切り」といって、中古車屋さんは多少損であろうと在庫から手放しがちです。

中古車情報サイト「グーネット」で、気になる車の総支払額の見積もりをとってみましょう。

「グーネット」のweb版なら、中古車販売店と直接やり取りができるので、気になることをなんでも質問できます。

もちろん、問い合わせは無料ですし、直接価格交渉だって可能です。

長期在庫車は、「並び替え」で新着順を「古い順」にするだけなのでとても簡単。

なかなか売れない車に狙いを定め、「グーネット」web版を通して価格交渉をしてみましょう。

※新着順を並び替えられるのは、web版のグーネットだけなので要注意!

スポンサーリンク

【庶民や大学生でも買える】新社会人におすすめの国産・海外スポーツカーランキング

1位:【軽量5ドアハッチバックで実用性がありながら価格も安い!】スズキ:スイフトスポーツ

新社会人 スポーツカー 【軽量5ドアハッチバックで実用性がありながら価格も安い!】スズキ:スイフトスポーツ

わずか970kgの車重に、1400ccのターボエンジンを搭載したスイフトスポーツ。

軽量を活かしたキビキビとした走りで、ジムカーナやダートラでも活躍。

5ドアのため実用性にも長けており、中古車相場も比較的安め。

2位:【日本で一番売れているスポーツカーはアフターパーツも豊富!】トヨタ:86

新社会人 スポーツカー 【日本で一番売れているスポーツカーはアフターパーツも豊富!】トヨタ:86

FRレイアウトに、水平対向NAエンジンを搭載した、トヨタ86。

数々のモータースポーツで活躍しており、若者から年長者にまで愛されている。

発売から10年近くがたち、中古車相場も下落気味。

まさに、今が買い時か。

3位:【海外生まれの日常使いにも適した外車スポーツカー】フォルクスワーゲン:ゴルフGTI

新社会人 スポーツカー 【海外生まれの日常使いにも適した外車スポーツカー】フォルクスワーゲン:ゴルフGTI

外車でありながら、手ごろな価格で入手可能なゴルフGTI。

おしゃれな見た目からは想像できない、230馬力のターボエンジンを搭載。

フォルクスワーゲンは、DSG(デュアルクラッチ・トランスミッション)の評価も高く、オートマ車でも楽しめる一台。

4位:【圧倒的に維持費が安くATもMTもある軽自動車スポーツカー】スズキ:アルトワークス

新社会人 スポーツカー 【圧倒的に維持費が安くATもMTもある軽自動車スポーツカー】スズキ:アルトワークス

2015年に15年ブルに復活した、アルトワークス。

軽自動車は圧倒的に維持費が安く、資金に乏しい新入社員にはもってこい。

車重はわずか690kgしかなく、非力でも爽快な走りが楽しめる。

5位:【軽量FRかつNAエンジンでドラテク向上に最適!】マツダ:ロードスター

新社会人 スポーツカー 【軽量FRかつNAエンジンでドラテク向上に最適!】マツダ:ロードスター

ユーノス時代も含めると、1989年からツーシーターオープンを生産し続けている、マツダのフラグシップモデル。

軽量FRはドライバーを育てると言われており、マツダも「人馬一体」を意識したハンドリングマシンとして、ロードスターの生産を続けている。

社会人になると、車を出す行事も少なくなるため、結婚する前である今こそツーシーターに乗るチャンスである。

あなたへのおすすめ!
スポーツカー
たくろうをフォローする
T A C L O G
タイトルとURLをコピーしました