【車中泊できるスポーツカーには特徴あり】スポーツカーで車中泊はできるのか?【クーペでもOK】

night_in_the_carスポーツカー
スポンサーリンク

車好きであれば、一度は憧れるであろう、車中泊旅。

しかし、スポーツカー好きにとっては、とても困難を極める課題でもあります。

ここでは、車中泊できるスポーツカーの特徴をはじめ、スポーツカーでの車中泊に適したグッズや注意点をご紹介いたします。

スポーツカーで車中泊はできないと思われがちですが、実はできるんです!!

スポンサーリンク

スポーツカーで車中泊はできるのか?

どんな車でも車中泊はできるが、快適に過ごせるのはトランクスルーの車

スポーツカーでも車中泊はできます。

しかし、どんな車でも快適に過ごせるかというと、決してそんなことはありません。

後部座席とトランクがつながっており、後部座席を倒すことでトランクルームと直結する車があります。

このような機能をトランクスルーといいます。

トランクスルーの車であれば、大人の男性が横になる就寝スペースを確保することができます!

スポンサーリンク

スポーツカーで車中泊をする際のイメージ

セリカ(クーペタイプ)で車中泊をするの場合

セリカのような、クーペタイプの車でも車中泊をすることはできます。

助手席側のシートをできるだけ前にだし、前方に倒します。

そこに後部座席を倒して、寝袋を敷くだけです!

スポーツカーで車中泊をする際のイメージ セリカ クーペ

ほら簡単!

セリカの場合、少しトランクにかけて下っていることに加え、でこぼこがきになるので、寝袋の下にマットを敷くことをお勧めします。

 ※ スポーツカー車中泊のおすすめグッズは、先にて解説いたします

スポーツカーで車中泊をする際のイメージ セリカ クーペ 広さ

倒した後部座席の頭からトランクの端までは、ちょうど140cm。

身長170cmの私は、斜めに寝ても、ちょっと膝を曲げなければならないでしょうか。

スポンサーリンク

快適に車中泊できるスポーツカーの代表例

インプレッサ:4ドアスポーツセダンの代表格!

快適に車中泊できるスポーツカーの代表例 インプレッサ

4ドアセダンで、ファミリーカーグレードもラインナップされるインプレッサ。

後部座席を6:4に分けられるトランクスルーであり、170cm程の身長であれば、足を曲げずに就寝可能。

トヨタ86/スバルBRZ:クーペタイプでも車中泊は可能!

快適に車中泊できるスポーツカーの代表例 86 BRZ

狭いイメージのある86/BRZですが、トランクスルー状態にすると、セリカより長めのスペースを確保できます。

人気車種なだけに、車中泊用のグッズも販売されています。

FR車ということもあり、中心にはドライブシャフトが入っていることから、真ん中の寝心地が良いなんていう話も。。

~東京行ってきました~♪ - yoshiker
というわけで、東京に86でいってきました。どうしてもトヨタ86で車中泊がしたかった!!!っていうのがあったのと、高速道路での86の運転はどんな感じなのか?確認したかったのもあります。86も10000km突破して、慣らしも完了。これから本領発揮です!というわけで、副題は・トヨタ86で車中泊・條辺さんのうどんを食べに行って...
スポンサーリンク

スポーツカーで車中泊をする際におすすめのグッズ

寝袋:小さくまとめられるものがおすすめ

まずこれが必須。

スポーツカーはトランクが小さいため、小さくまとめられて、寝心地が良いものをおすすめします。

マット:空気を入れて膨らむもの

これも寝袋と同様に、小さく折りたためるものをおすすめします。

車中泊用のマットもあるので、是非調べてみてください。

サンシェード:快適な睡眠と防犯対策

光を妨げる目的もありますが、周囲から中が見えないことによる、防犯対策にもつながります。

クーラーボックス:発泡ウレタンで小さくて軽いもの

発泡ウレタン製のクーラーボックスを使用することで、サイズも小さく、軽いものをチョイスすることができます。

後部座席の足元におけるものだと、尚良し◎

USB扇風機:消費電力の少ないもの

就寝時エンジンをかけられないため、空調として必須。

消費電力の少ないものをチョイスし、モバイルバッテリーとセットで使いたい。

モバイルバッテリー:ライトが点くものだとより便利!

スマートフォンや携帯ゲーム機など、あらゆるものの充電に必須となるモバイルバッテリー。

車中泊では明かりの確保もモバイルバッテリーからとなります。

車内では電源が確保できないため、扇風機などの利用も念頭に、多めに準備しておきましょう。

スポンサーリンク

スポーツカーで車中泊をするメリット

スポーツカーで車中泊をするメリット

スポーツカーでの車中泊は時間の制約がない

車中泊は宿の時間や場所が決められていないため、自由気ままな旅をすることができます。

スポーツカー好きにとっては、深夜や朝方の道がすいている時間帯に運転したいこともあります。

そんなときには、車中泊はもってこいです。

スポーツカーでの車中泊は自分だけの空間とアウトドア気分を楽しめる!

場所は限られますが、道の駅やサービスエリアなど、好みの場所で睡眠をとることができます。

好きな車の中で疲れを癒し、一日を振り返る。

そんな想像をするだけで、わくわくしてきますよね。

スポンサーリンク

スポーツカーで車中泊をするデメリット

スポーツカーで車中泊をするデメリット

スポーツカーでの車中泊は睡眠の質が落ちてしまう

セリカの車内画像でも紹介しましたが、ただでさえ他の車に比べて狭い車内です。

これに加え、シートのでこぼこがあれば、熟睡はできないかもしれません。

車によりますが、あくまで数日間の旅と考えた方が良いかもしれません。

スポーツカーでの車中泊は安全の確保が難しい

いくらサンシェードをしようとも、公的環境の中で宿泊していることに変わりはありません。

身の危険が及ぶ場合もありますので、宿泊する場所と緊急時の対策はきちんと検討しましょう。

スポンサーリンク

スポーツカーで車中泊をする際の注意点

スポーツカーで車中泊をする際の注意点

決してエンジンをかけっぱなしにしてはいけない

排気ガスが車内に入り込み、一酸化炭素中毒となる可能性があります。

最悪の場合、死に至りますので、絶対にしてはいけません。

エコノミークラス症候群に気を付ける

長時間、狭い場所に同じ体勢でいると発症する、エコノミークラス症候群。

狭いスポーツカーの車内では余計になりやすいので、要注意。

あなたへのおすすめ!
スポーツカー
たくろうをフォローする
T A C L O G

コメント

タイトルとURLをコピーしました