【成分ごとに使い分け】ベースオイルでわかるおすすめエンジンオイル添加剤【選び方と注意点】

oil-additive
スポンサーリンク

エンジンオイルの添加剤は、車の燃費や性能を向上させるものです。

しかし、商品によって成分やベースオイルが異なることはご存知でしょうか。

ここでは、エンジンオイル添加剤の主な成分を解説するとともに、選ぶ際の注意点、おすすめ商品をご紹介いたします。

ロングドライブやスポーツ走行の前に、エンジンオイル添加剤を使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

エンジンオイル添加剤の主成分は?ベースオイルごとに異なる効果

oil_component

ひとえにエンジンオイルの能力を強化する添加剤と言っても、主成分によって効果は全くことなります。

どの商品も、いくつかの異なる主成分を組み合わせ、複合的な能力を有したエンジンオイル添加剤が作られています。

主なエンジンオイル添加剤の主成分・ベースオイルは下記のとおりです。

【酸化防止剤】熱や気体からオイルの劣化を防ぐ

エンジンオイルが酸化すると、「スラッジ」「ワニス」と呼ばれる、溶けにくい物質が作られます。

これらが溜まると、可動部の潤滑不足や、ピストンリングをの固着、 エンジンの冷却機能を阻害したりします。

【清浄分散剤】エンジンオイルの洗浄と汚れの付着を防止

エンジンオイルは、潤滑剤としての役割だけでなく、燃焼によって発生した汚れを取り込む作用を持っています。

清浄分散剤は、この効果を増長させるもので、汚れをオイル内で分散し、エンジン内部を洗浄します。

【粘度指数向上剤】温度の変化によるエンジンオイルの変化を低減

エンジンオイルには、低温時と高温時の粘度が考慮されて作られています。

粘度指数向上剤は、この粘度を保つことを手助けします。

エンジンオイルの粘度が低下すると、エンジン内の油膜が薄くなり、燃費の低下やエンジン負荷の高騰が発生します。

【摩擦調整剤】金属摩擦による摩耗や能力低下を低減

エンジンオイルの稼働部の、摩擦を低減します。

この結果、燃費やエンジン能力の向上が見込めます。

【流動点降下剤】低温時にオイルが固まることを防ぐ

低温時でも、エンジンオイルが問題なく動作することを手助けします。

流動点降下剤によって、低温時の燃費や運動性能向上が期待されます。

【金属表面剤】エンジン内の削られた金属を修復

エンジン内の金属が削られることによって、エンジンの性能は大きく低下します。

金奥表面剤は、鉄イオンとマイナスイオンが結びつくことによって、摩耗した部分に再吸着して削られた金属部分を復元する働きをします。

場合によっては、エンジンの不調が改善することがあります。

スポンサーリンク

【デメリットもある】効果の高いエンジンオイル添加剤の選び方と注意点

oil-caution

注ぎやすい口でそのまま注げるのものを選ぶ

エンジンオイル添加剤の中には、事前作業が必要なものがあります。

あまり車の知識を持っていない人は、ボトルからそのまま注ぎ込めるタイプのものを選びましょう。

また、エンジンオイルの注ぎ口は小さいため、注ぎやすいものを選びましょう。

自分の車に指定の粘度があるか確認する(添加剤が使えない場合も)

車のエンジンによっては、エンジンオイルの粘度が指定されている場合があります。

そのような車の場合、粘度指数向上剤や流動点降下剤を含むエンジンオイル添加剤を使うことは控えましょう。

エンジンが本来の能力を出せなくなるばかりか、エンジンへの負荷が増えてしまいます。

エンジンオイル添加剤を利用できない車は、高性能エンジンを搭載した、スポーツカーやクロカンなどに多い傾向があります。

スポンサーリンク

【効果別】最強のエンジンオイル添加剤おすすめ商品

【エンジンの洗浄】ワコーズ ECP eクリーンプラス

エンジン内部の洗浄を目的とし、清浄分散剤をベースに作られたエンジンオイル添加剤。

遅効性のエンジンオイル内洗浄剤を選ぶことで、エンジンへの負荷も軽減します。

エンジンオイルの交換が遅れた車や、新しく買った中古車におすすめです。

【エンジン能力の向上】kure オイルシステムデュアルフ2120

摩擦調整剤をベースとして作られた添加剤。

エンジンの能力を最適化する為、スポーツ走行やロングドライブに適しています。

燃費向上やエンジンパワーの向上が期待できます。

【疲れたエンジンの金属修復】メタライザー フェード EX

金属表面剤をベースに作られたエンジンオイル添加剤。

エンジン内の汚れを落とす際に、すり減ったエンジン内部を鉄イオンにて修復します。

少し高額ですが、高年式車両への利用がおすすめです。

あなたへのおすすめ!
雑記
たくろうをフォローする
T A C L O G
タイトルとURLをコピーしました