【聖地巡礼マップ】漫画オーバーレブ!に登場した峠まとめ【神奈川に横山峠は実在する!】

オーバレブ 聖地 横山峠 MR2 AW11
スポンサーリンク

神奈川県相模原市を舞台に描かれたマンガ「オーバーレブ!」

その聖地と言える、峠をまとめました。

涼子たちが熱いバトルを繰り広げた聖地は、神奈川県に実在します。

マンガの聖地巡礼として、ワインディングを楽しむため、足を向けてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

オーバーレブってどんなマンガ?

車での走りに目覚めた女の子が仲間とともに成長していくマンガ!

オーバレブ 聖地 横山峠 インプレッサ

主人公の志濃 涼子(しの りょうこ)は、高校生で陸上部に所属していたが、大けがで不完全燃焼のまま引退を迎えてしまう。

怪落ち込む涼子を気遣い、幼馴染の徹がタカオ(徹の兄)達のドリフトを見に連れ出す。

そこで、車で走ることに魅せられた涼子は、生活のすべてを車にささげるほど、車にのめり込んでゆく。

そんな涼子とその周りの仲間たちが、車を通してドラテクだけでなく、精神的にも成長してゆく姿を描いた漫画である。

【主人公の愛車はトゥデイ!】続編「クロスオーバーレブ」が復活連載中!

オーバレブ 聖地 トゥデイ JA4

オーバーレブ自体は、2004年に完結したが、2019年より続編の「クロスオーバーレブ」が掲載されている。

前作から10年後を描いており、涼子はもちろんのこと、サワコやアイカも登場する。

主人公のモトはホンダトゥデイ(JA4)に乗っており、涼子とは従姪は(いとこめい)の関係にあたる。

スポンサーリンク

【オーバーレブに登場した聖地・峠 その1】横山峠(大垂水峠)

涼子のホームコースであり「バリバリ伝説」にも登場した走りの聖地

涼子のホームコースとして、幾多の話の舞台となる、横山峠。

横山峠は実在し、本当の名称を「大垂水峠」という。

オーバーレブと同様に相模原市と八王子市の間に存在し、国道20号線が通過する生活道である。

現実でも2輪・4輪問わず峠好きが集う場所であり、マンガ「バリバリ伝説」にも登場したことから、2輪の走り屋からは聖地とまで呼ばれた。

現在は、路面に段差舗装がされており、80年~90年代ほど走り屋は見受けられない。

【カンナ・秀明のホームコース】烏沢峠(ヤビツ峠)

青木カンナ、秀明が登場した烏沢峠。

実際の名前は、「ヤビツ峠」と言い、神奈川県道70号線に位置する。

矢櫃峠と漢字で表記されることもあるが、カタカナが一般的。

大垂水峠と同様に、東京から近い峠であるため、走り屋が好む道である。

マンガ「頭文字D」にも登場し、チーム246とプロジェクトDで激しいバトルが繰り広げられた。

【実在する心霊スポット】犬鳴峠(いんなきとうげ)

幽霊さわぎ編の舞台となった犬鳴峠。

マンガ内では、幽霊を成仏し、サワコとアイカがコースレコードを更新する。

現実の犬鳴峠は、福岡県宮若市と同県糟屋郡久山町との間に存在。

現実の犬鳴峠も心霊スポットとして有名。

地図から完全に消されており、立ち入ったものは戻ってこれないなどの都市伝説があり、「犬鳴村」という題名で映画化もされた。

作者の山口かつみが福岡県出身であることから、犬鳴峠をオーバーレブに登場させたのかもしれない。

あなたへのおすすめ!
頭文字D
たくろうをフォローする
T A C L O G
タイトルとURLをコピーしました