【FRは雪に弱い?】雪道に強いスポーツカーまとめ【4WD以外も雪道を走れるグッズ】

snow_sportscar
スポンサーリンク

スポーツカーというと、雪や悪路に弱い印象を持つ方も多いはずです。

決してそんなことはありません。

車の特徴を理解し、正しい運転をすることで、雪でも問題なく走ることができます。

ここでは雪に強いスポーツカーの特徴とその代表車、雪に弱い車でも雪上で走ることができるようになるグッズをご紹介いたします。

雪が降っていても気にすることなく、愛車で出かけましょう!

スポンサーリンク

雪道に最も強いスポーツカーとは?

ダントツで4WD(AWD)の車が雪道でも安定して走れる!

snow_strong_sportscar

雪道に最も強いスポーツカーは、4WDです。

4つのタイヤが全て回転するためトラクションがかかりやすく、路面と密着しやすくなります。

ラリーカーに4WDが多いのもこのためです。

4WDに次いで雪に強い車はFFだが、滑った時の立て直しが難しい!

FF(フロントエンジンフロントドライブ)の車は、前方にエンジンがあるため、駆動輪に荷重がかかりやすい傾向にあります。

よって、滑りやすい雪道でも発進しやすい傾向にあります。

しかし、一度前輪が滑ってしまうと、動力も曲がるのも前方の為、立て直すのが難しくなります。

なぜFR車は雪に弱いと思われている?

雪に弱いイメージとして、FR(フロントエンジンリアドライブ)の車を想像する人も多いはず。

確かに、FRの車は、雪道では苦戦を強いられます。

発進時に駆動輪となるリアタイヤに荷重がかかりづらいため、発進時のスリップが多い傾向にあります。

一概にFRの車が雪に弱いとは言えない!BMWのFRは雪に強い!

確かに発進時には滑りやすいFR車ですが、裏を返すと駆動輪と曲げるタイヤが異なるため、車が滑った後も立て直しやすいとも言えます。

BMWのFR車は、ヨーロッパで雪道の走行性能に高評価を得ています。

その理由としては、前後で50:50の重量配分を実現することで、駆動輪滑りにくいFRを実現したためです。

スポンサーリンク

スポーツカーにチェーンを付けて走ることはできる?

タイヤハウスの狭いスポーツカーにチェーン装着は危ない

tire_chain

スポーツカーにチェーンを装着することは危ないと言えます。

タイヤハウスがせまいことによる車への干渉や、大きなブレーキキャリパーへの干渉が考えられます。

しかし、車によってはチェーンがつけられる車もあります。

ポルシェ911は、純正オプションとしてタイヤチェーンが装着されています。

布製チェーンの場合、車を傷つけることなく雪道の走行が可能!

そんなスポーツカーでも、問題なくチェーンを付けられるものがあります。

それは、布製のチェーンです。

1998年にノルウェーで誕生した布チェーンは、被せるだけで簡単に装着できることが最大の魅力です。

簡単に被せて少し車を動かすと、勝手に正しい設置位置になります。

装着時間も左右あわせて5分ほど。

繰り返し使うこともでき、小さくまとめて保管できるので、緊急脱出用には最適です。

スポンサーリンク

雪道に強い!おすすめの国産スポーツカー

【悪路に強いセダンと言えば】三菱:ランサーエボリューション

lancer_evolution

三菱が世界に誇る名車。

WRCのホモロゲーションを獲得するために開発された通称「ランエボ」は、名機4G63から280馬力を出力する。

足回りもAYC(アクティブ・ヨー・コントロール)と呼ばれるタイヤの回転数を調整する機能により、曲がりやすく、雪道でもスリップしづらい車となっている。

【雪に強く大人4人が楽々乗れる】スバル:インプレッサ(WRX STI)

4men_WRX_STI

こちらもWRCで鍛えられた、インプレッサ。

ランエボと共に、WRCの雨後ン時代を築いた。

STI(スバル・テクニカ・インターナショナル)のチューンは、舗装路や悪路を問わず、速く走れる足回りとなっている。

【WRCで大活躍の2020年期待の新車ホットハッチ】トヨタ:ヤリスGR

yaris_GR

日本中の注目を浴びながら発表された、ヤリスGR。

わずか1600ccのハッチバック車ながら、272馬力を出力するエンジンはパワー十分。

世界のトヨタが、「BORN from WRC」と銘打って誕生した一台は、雪道でも抜群の走行性能を見せてくれるはずです。

スポンサーリンク

雪道に強い!おすすめの外車スポーツカー

【クワトロ搭載したスポーツクーペ】アウディ:TTクーペ

4men_TTRS-1

クワトロとは、アウディが誇る四輪駆動システム。

世界にフルタイム4WDを浸透させたクワトロの功績は偉大で、クワトロと言えば悪路に強い印象を持っている人も多いはず。

1999年から販売されているTTクーペは、2000ccのクワトロを搭載し、230馬力を出力する。

ちなみに、TTにはRSクーペというモデルもあり、こちらは同じクワトロでも400馬力を出力する化け物マシンである。

【軽量ハイパワーなホットハッチ】フォード:フィエスタR2

Fiesta_R2

グループRの規定に沿って開発された、ハッチバック車両。

1000kgを切る軽量な車体に、わずか1000ccで180馬力を出力するエンジンを搭載。

足回りにもライガー社製のショックに、アイバッハ製のスプリングを採用し、スポーティーな走りを楽しめる。

【グッドデザイン賞を受賞した個性的なデザイン】シトロエン:C3

Citroen_C3

2020年シーズンから、WRCを撤退したシトロエン。

2019年シーズンまで参戦していた車が、C3である。

2002年の誕生以来、全世界で累計200万台以上を売り上げた人気車種は、1200ccターボエンジンを搭載している。

あなたへのおすすめ!
たくろうをフォローする
T A C L O G

コメント

タイトルとURLをコピーしました