【ツーシーターでも行ける】スポーツカーキャンプをしよう!【おすすめキャンプ場と注意点も紹介】

【ツーシーターでも行ける】スポーツカーキャンプをしよう!【おすすめキャンプ場と注意点も紹介】
スポンサーリンク

車好きの方は、自分の車で出かけたくなるものです。

とりわけ、キャンプは、自然を満喫しながら、自分の愛車を楽しむことができる最高の機会です。

「でも、自分の好きな車はスポーツカーだから、、。」なんて諦めてはいませんか?

ここでは、最近流行りのスポーツカーキャンプについてまとめてみました。

スポーツカー好きのみなさん、車仲間との思い出づくりにいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポーツカーでキャンプはできるのか?

多数の実績があり!高規格キャンプ場なら初心者でも簡単!

まず、第一にスポーツカーでのキャンプは実施可能です。

とりわけ、環境や設備が整備されている、「高規格キャンプ場」であれば、路面も整備されていることが多く、スポーツカーでもキャンプを楽しむことができます。

車好きの方が、ドライブついでに手軽にキャンプをすることも可能です。ソロキャンパーも多いので、是非試してみてはいかがでしょうか。

2シートカーだからこそ広がる楽しみ。「コペン」と遊ぶキャンプスタイル | クルマとアウトドア #02 - .HYAKKEI[ドットヒャッケイ]
「クルマとアウトドア」の素敵な関係について、たくさんの方々にインタビューをしながら深掘っていこうという今回の企画。第2回はコペンが相棒の岐阜県在住ユウトさんにお話を伺いました!
ソロキャンプデビューしました。 - まぁ、何とかなるっしょ!
5/19~20の日程で、士別にある岩尾内湖白樺キャンプ場で、ソロキャンプデビューしてきました。旭川市内から1時間程度の程よい距離、周辺のワインディングの楽しさと、自然の素晴らしさ。何よりクルマを自由に乗り入れられて、料金無料!これが最終的に決め手となり、ここを選びました。旭川市内は前日から雨が降っていて、当日朝も雨。た...

車仲間とのコミュニティの場にも最適!

ソロキャンプだけでなく、スポーツカーキャンプのイベントも開催されています。

スポーツカーキャンプの大きな魅力の一つが、大自然とスポーツカーの写真です。このふたつに大勢の仲間たちとその車が加われば、尚言うことなしでしょう!

スポンサーリンク

スポーツカーキャンプをする際の注意点!

積載量に注意!コペンやs2000などの2シーターは特に注意!

スポーツカーの難点として、荷室の狭さがあります。

とりわけ、コペンやs2000などのツーシーターの方は要注意です。

ちなみに、私がMR2(SW20)でおとこ2人のキャンプをした際、トランク内はこんな感じでした。(笑

※ 川に入った後なので、着替えが多めと思ってください(笑

スポーツカーキャンプをする際の注意点!
汚くてごめんなさい。。
スポンサーリンク

スポーツカーキャンプに必要な道具は?

MR2に入れることができたキャンプ用具一覧!

MR2でキャンプに行った際、着替えなどのほかに入れたキャンプに必要な道具は、おおよそ下記のとおりです。

テント

まずはこれがないとはじまりません。タープ付きのテントで、愛車と大自然を楽しみましょう!

寝袋

私は多少の寒暖差は服装や掛布団でしのぐため、軽さを優先しています。

マット

これが意外と大事なんです。地面の湿気や凹凸を吸収してくれます。

ハンマー

いろいろと役立つ道具。テントを建てる際にも必須です。(だいたいは、テント一式に小さいものが入っています)

レジャーシート

いろいろと役立つ道具。荷物を置いてよし、テントの中に敷いてよし!

椅子

ポールの下で、椅子に座って、自然と愛車に浸る。最高じゃないですか!

たき火台

とにかく小さく収納できるものをチョイス。

これがあれば、雰囲気は完璧!!

テーブル

私はあまり料理はせず、缶詰や簡単な焼き物でたのしみます。

その他のキャンプ用具を選びは、「cabinet」を参考に

私がよく利用する「cabinet」は、多岐にわたるキャンプ用品を格安で販売するだけでなく、収納後のサイズまで明確に表記されています。

スポーツカーキャンパーにとって最大の課題である、積載量はこのサイトによってクリアすることができます。

是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スポーツカーキャンプにおすすめのキャンプ場

路面が整備されたキャンプ場でスポーツカーとテントの写真を撮影!

スポーツカーキャンプにおすすめのキャンプ場

スポーツカーキャンプで是非してほしいことが、車とテントのツーショット撮影。

大自然に囲まれた中での愛車の写真は何にも変えがたいものです!

ここでは、きっと納得のいく写真が撮影可能であろう、3つのキャンプ場を紹介いたします。

キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原(栃木県)

オートサイトが広めに区画されており、初心者にもおすすめのキャンプ場。

もちろん、路面がきちんと整備されているだけではなく、車とテントのツーショットも撮影可能。

那須インターチェンジからほど近いところにあり、アクセスも良好。

頭文字Dに登場する八方ヶ原や塩那スカイラインは、車で40分程度のところに位置する。

こどもにきゃんぷ!キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原(北関東/栃木県)| 初心者にも安心のコテージ!

北軽井沢スウィートグラス(群馬県)

車とテントと浅間山のスリーショットが撮影できるキャンプ場。

スポーツカー好きならば、榛名山をぬけてアクセスするルートも魅力に感じるはず。

尚、コテージも薪ストーブ完備でとてもおしゃれ。

浅間山北麓のキャンプ場・北軽井沢スウィートグラス
日本一とも評されるキャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」は、群馬と長野の県境にあり、1年を通じて営業しています。浅間山の豊かな自然環境を背景に、森や小川を抱く美しいフィールド。ツリーハウスや石窯コテージ・焚火炉があるタープサイトなど、コンセプトのひかるユニークな宿泊施設が人気です。

磐田市 竜洋海洋公園オートキャンプ場

その名の通り、海が見えるキャンプ場。

路面がきちんと整備されているだけではなく、AC電源の区画には流し台があり、初心者キャンパーにもおすすめ。

立地が良ければ、テントと車と海のコラボショットも可能?!

竜洋海洋公園オートキャンプ場
天竜川の河口遠州灘に面した一大海洋リゾート地に建つキャンプ場。一年中温暖な気候に恵まれ、周囲は川・海釣りの宝庫、子供に人気の海洋公園や昆虫自然観察公園もあり、大人から子供まで楽しめる多目的なプレイフィールドが広がります。
あなたへのおすすめ!
たくろうをフォローする
T A C L O G

コメント

タイトルとURLをコピーしました