【デメリット・注意点あり】古いスタッドレスタイヤを夏に履きつぶすのはアリ?【高速道路・車検】

夏に履きつぶすのはアリ?【高速道路・車検】車関連
スポンサーリンク

車が安全に走る上で、重要な役割を果たすタイヤ。

しかし、タイヤは意外と高く購入を躊躇してしまうもの。

そこでやりがちなのが、古いスタッドレスタイヤを夏に履きつぶすこと。

ここでは、そんなスタッドレスの履きつぶしに注目し、注意点などをまとめました。

正しい知識を身につけ、快適なカーライフを!

スポンサーリンク

スタッドレスタイヤを夏に履きつぶすのはあり?履き続けるのは大丈夫?

スタッドレスタイヤを夏に履きつぶすのはあり?履き続けるのは大丈夫?

【結論】デメリット・注意点はあるが古いスタッドレスを夏タイヤ利用しても問題なし!

スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)とは、冬や雪道に適したタイヤのこと。

その特徴は、夏タイヤに比べて、柔らかく、水分を吸収するゴムにあります。

そんなスタッドレスタイヤは、新品タイヤから溝が半分になると、冬タイヤとしての効果がなくなると言われています。

つまり、冬タイヤとしての役割を終えたスタッドレスタイヤを、夏タイヤとして履きつぶす選択肢はアリと言えます。

ただし、夏にスタッドレスタイヤを履くことで、スタッドレスタイヤの溝は大幅にすり減ります。

基本的には履きつぶすことを前提に、夏にスタッドレスタイヤを履くようにするべきです。

【スリップサイン】履き替えなしで車検も問題ないが道路交通法違反に注意

スタッドレスタイヤの状態で、夏場に車検を通すことも問題ありません。

ただし、タイヤ溝が1.6mm以下になると道路交通法違反になります。

残り溝が1.6mmあるかどうかは、スリップサインにて確認可能です。

スリップサインとタイヤ溝が同じ高さになったら、残り溝は1.6mmを下回っています。

スポンサーリンク

【雨と高速走行に注意】スタッドレス・冬タイヤを夏に履きつぶすデメリット

【雨と高速走行に注意】スタッドレス・冬タイヤを夏に履きつぶすデメリット

では、スタッドレスタイヤの履きつぶしはどのようなデメリットがあるでしょうか。

実は思いがけない危険が潜んでいます。

【デメリット①】水分を吸収するスタッドレスは雨天時ハイドロプレーニングが起きやすい

スタッドレスタイヤは、細かい切り込みと溝で路面の水分を吸収し、滑りにくくします。

しかし、吸収する特性に反して、水を排出するのは苦手。

その結果、タイヤと路面の間に水分が入り込み車がコントロールを失う、ハイドロプレーニングが起きやすくなります。

【デメリット②】夏タイヤに比べて柔らかいスタッドレスはブレーキが効きづらい

スタッドレスタイヤは、夏タイヤと比べて柔らかい性能で、氷上や雪上でのグリップ性能を高めています。

柔らかい分、夏タイヤに比べ踏ん張りが利かない傾向に。

つまり、スタッドレスタイヤを夏場に使用すると、停止までの制動距離は延びがちです。

【デメリット③】スタッドレス・冬タイヤを夏に履くとノーマルタイヤより燃費が悪くなる

スタッドレスタイヤの柔らかい特性上、夏タイヤに比べて路面に多く密着します。

つまり、タイヤが転がる力に対して路面からの抵抗が増加。

そのため、夏タイヤに比べ冬タイヤのほうが燃費が1割程度悪くなる傾向があります。

ただし、近年のスタッドレスタイヤの中には、技術の進歩により例外もあるようです。

スポンサーリンク

【経済面のメリットだけなら買い替えを】夏タイヤ・ノーマルタイヤを安く買う方法!

【経済面のメリットだけなら買い替えを】夏タイヤ・ノーマルタイヤを安く買う方法!

スタッドレスタイヤを夏に履きつぶしたい理由としては、いくつも考えられます。

置き場の問題や、購入時期、また経済面の問題などです。

もし経済面の問題でスタッドレスタイヤを履きつぶそうと考えているのであれば、買い替えをおすすめします。

スタッドレスタイヤの履きつぶしは事故率の上昇にもつながります。

後悔する前に、下記サイトで格安夏タイヤを探してみてはいかがでしょうか。

「タイヤはFuji!」のCMで有名な「フジ・コーポレーション」でタイヤを安く購入

CMで有名な「フジ・コーポレーション」。

大量仕入れによるタイヤの価格は、国内小売店舗で最も安いと言っても過言ではありません。

ネット購入ではさらにお求めやすく購入することができます。

価格重視の方必見!「オートウェイ」で輸入タイヤを安く買う!

一時期はアジアンタイヤを避ける風潮がありましたが、それも今や昔。

国産メーカー以外にも、多数の安く優れたタイヤメーカーがあります。

海外タイヤを安く買い方は「オートウェイ」一択です。

車種別に格安タイヤを探すことができます。

使用していたタイヤホイールは買取専門店「タイヤ買取ナンバーワン」で売却!WEB査定もあり!

カー用品店などでタイヤを購入すると、

古いタイヤは引き取ってません。

それどころか、廃タイヤ代として1万円弱の費用を支払う場合が大半です。

そこでおすすめなのが、「タイヤ買取ナンバーワン」。

タイヤホイールに特化した専門店で、20万件以上の買取実績があります。

WEB査定もあり、査定料も送料も無料です。

あなたへのおすすめ!
車関連
たくろうをフォローする
T A C L O G
タイトルとURLをコピーしました