【動画あり】メジャーHR王級の打球!タイラー・オースティンの経歴や成績、特徴のまとめ!

Tyler Austinプロ野球
スポンサーリンク

2019年、横浜でDeNAベイスターズは惜しくも優勝を逃した。

2位でレギュラーシーズンを終えたものの、タイガースの中継ぎ陣に全く歯が立たなかった上に、そのタイガースも阿部慎之助の引退で一致団結したジャイアンツに完敗した。

そして、雪辱を期す2019年シーズンに向けて、ベイスターズは大きな支柱を失った。筒香嘉智のメジャーリーグ挑戦である。

この大きすぎる穴を埋めるべく、MLBにて18年17HR、19年9HRの実績を引っ提げて来日した選手がいる。

彼の名をタイラー・オースティンという。

ここでは、ポスト筒香の一番手ともいえるタイラー・オースティンの経歴や成績、プレースタイルを動画を交えてご紹介いたします。

スポンサーリンク

タイラー・オースティンのプロフィール

MLB通算33HR!メジャーでも上位の長打力をもつ28歳!

  • 本名 クリストファー・タイラー・オースティン
  • 出身地 アメリカ
  • 生年月日 1991年9月6日(満28歳)
  • 身長 188cm
  • 体重 99.8kg
  • 投打 右投/右打
  • 守備 ファースト/レフト/ライト
  • 年俸 1億円+出来高
Tyler Austin Stats, Fantasy & News
Tyler Austin Stats, Fantasy & News

アメリカ合衆国のジョージア州ロックデール郡コンヤーズ出身の28歳。

2019年シーズンは4月までツインズ、8月までジャイアンツ、その後はブルワーズに所属した。

プロ入りは2010年、ドラフト13巡目でニューヨーク・ヤンキースから指名された。

2016年にメジャー初昇格。8月13日に7番ファーストでスタメン出場すると、初打席初本塁打を放った。

尚、続くアーロン・ジャッジを初打席初本塁打を放ち、1試合2本の初打席初本塁打という、MLB初の快挙を達成した。

Tyler Austin and Aaron Judge Back-to-Back HR's in First At-Bats
※ 2016年8月13日 オースティン・ジャッジのデビュー戦2者連続ホームラン

ちなみに、MLB初打席初本塁打を放ち、日本に来日した選手は6人目である。

翌2017年シーズンは2本塁打に終わったが、2018年シーズンはヤンキースとツインズ2チームに渡って合計17本塁打を記録した。

スポンサーリンク

タイラー・オースティンのストロングポイント

横浜スタジアムに適した、MLB屈指のフライボールヒッター!

阪神 新外国人候補 タイラー・オースティン(Tyler Austin)選手 打撃、守備動画まとめ

タイラー・オースティンのメジャーリーグ今季成績は下記の通り。

打率.188
打席154
安打29
HR9
打点24
出塁率.294
OPS.705

上記成績からも分かる通り、安打の多くをHRが占める長距離砲。

なんと、フライボール率は43.7%であり、フライボール革命が進むMLBでもおよそ35パーセント前後であることを考えると、驚異的な数字である。

これは、狭い横浜スタジアムに合致した打球傾向と言える。

MLBのHR王級の打球測度!

オーステインのもう一つの魅力が、打球測度である。

MLBにて導入されているデータ解析ツール「Statcast Search」の情報によると、なんとストレートを打った時の打球の速さは平均で95マイルを記録している。

Tyler Austin Statcast, Visuals & Advanced Metrics | MLB.com
(ALL) Avg Exit Velocity: 89.5, Hard Hit %: 42.6, wOBA: .314, xwOBA: .322, Barrel %: 16.0.

打球測度やランチアングル、95マイル以上を記録した打球測度の割合は、2019年MLBでHR王を獲得したホルヘ・ソレア級である。

MLB | Jorge Soler Crushing Baseballs | 2019
スポンサーリンク

タイラー・オースティンのウィークポイント

35パーセントを超える高すぎる三振率!

オースティンの一番のウィークポイントはコンタクト能力である。

MLBでの三振率は下記の通り。

  • 2016年 40.0%
  • 2017年 37.0%
  • 2018年 35.4%
  • 2019年 37.4%

MLBにおける平均三振率がは25%程であり、オースティンが活躍した2018年シーズンのワースト三振率はシカゴ・ホワイトソックスのデビットソンで、39.3%である。
 ※ ヤンキースのジャッジが36.1%で2位

この数値から、打席数が少ないオースティンがどれだけ三振率が高いかがわかる。

しかし、2019年シーズン前半戦は三振率が40.6%であったが、後半戦は28.3%を大きな改善が見られたため、来期の大爆発も期待できる。

オースティンは直球に強く変化球に弱い!

MLBでの通算成績を見てみると、フォーシームの通算打率は.262であるものの、スライダー系は.153に留まっている。

先に挙げた三振率も、フォーシームが34.5%であることに対し、スライダーが42.1%である。

リーチが短く、低めの変化球の打率がかなり悪いため、ボールになる変化球の見極めが活躍の鍵となりそうです。

Tyler Austin » PitchFx » Overview | FanGraphs Baseball
Tyler Austin PitchFx statistics and graphs including velocity, pitch type, and movement.
スポンサーリンク

タイラー・オースティン選手の活躍予想

先に挙げた通り、オースティンの活躍の鍵は、低めの変化球の見極めである。

日本に来日する外国人選手の多くが苦戦するポイントであり、オースティンもその一人と言える。

しかし、2019年シーズンは前半から後半にかけて三振率が改善しただけでなく、四球率も大きく改善した。

  • 2019年前半 四球率12.0%
  • 2019年後半 四球率17.4%

これは、見極めが良くなってきている証とも取れるのではないであろうか。

ベイスターズファンの一人として、タイロン・ウッズのような破壊的なホームランを連発するオースティンの姿を想像してやまない。

タイロン・ウッズ 35号36号 2打席連続HR 2003.09.16
プロ野球
スポンサーリンク
たくろうをフォローする
T A C L O G

コメント

タイトルとURLをコピーしました